芳根京子さん、次期「朝ドラ」の主役に大抜擢! 難病を克服して掴み取ったヒロイン!

      2017/01/24

 

 

ドラマ「表参道高校合唱部!」「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」や映画・舞台「幕が上がる」、CM「アサヒ飲料 三ツ矢サイダー」で大人気の『芳根京子』さん。
以前から若手女優として世間から注目を浴びていた『芳根京子』さんでしたが、次期朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインに抜擢され、さらに注目度がアップです。

そんな『芳根京子』さんとはどんな方なのか、サクッと調べてみました。

 

 

『芳根京子』ファン必見! お宝?サイトがこちら!

楽天市場(下記のバナーリンクから楽天市場へ入れます)で、『芳根京子』と検索してみてください。
あんなものから、こんなものまで、いっぱいお宝がでてきます。
興味のある方は一度お試しください。

 

 

芳根京子(よしねきょうこ) のプロフィール

 

芳根京子-プロフィール

名前    :芳根京子(よしねきょうこ)
本名    :芳根京子(よしねきょうこ)
生年月日  :1997年2月28日
星座    :魚座
身長    :159cm
血液型   :A型
出身地   :東京都
出身高校  :未公表(通信制の高校を卒業)

事務所   :ジャパン・ミュージックエンターテインメント
職業    :女優

ニックネーム:「きょんちゃん」「きょんきょん」「きょーちゃん」「芳根ちゃん」「お京さん」

趣味    :料理・お菓子作り・犬の散歩
特技    :ピアノ、フルート、持久走、パソコン早打ち
憧れの女優 :篠原涼子(事務所の先輩)

芳根京子 ブログ「芳根京子のキョウコノゴロ」

芳根京子(よしねきょうこ) ツイッター

 

デビューのきっかけは、都立高校1年の時に友達に誘われて行った遊助(上地雄輔)のライブ会場でスカウトされ芸能界入りされたようです。
そんな『芳根京子』さんですが、中学2年の時に国指定の特定疾患、難病「ギラン・バレー症候群」を発症、辛く厳しい期間を経て見事難病を克服されたといいます。

ギラン・バレー症候群とは、
国指定の特定疾患で、運動神経の障害を起こし、手足に力が入らなくなる病気。
症状が進行すると、歩行困難や呼吸困難、顔面麻痺が生じたり、ものが飲み込めなくなったりすることもある。

『芳根京子』さんは

「中学2年生の時に、力が入らなくなる病気になったことがありまして。今は完治して、支障はないんですけど、1年間学校に普通に通うのは難しい時期がありました。」
「本当に少ない可能性でこの病気で亡くなった方もいるという話を病院で聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました。」
 実感したのは「自分はこんなにも周りの方に支えてもらってるんだ」という思い。
「それからはちゃんと『ありがとう』とか『ごめんなさい』とか言葉をしっかり、伝えようっていう意識が出てきました。
病気を経験したから、ちゃんと自分を持とう、って思えたのかな、変わったのかな、って思います」

と笑顔で語ったといいます。

それでは、芸能界入後の『芳根京子』さん活躍ぶりを見てみましょう。

 

 

 

 

芳根京子(よしねきょうこ) ヒストリー

 

2013年
ドラマ「ラスト・シンデレラ」武内咲役 レギュラー出演でデビュー
ドラマ「リーガル・ハイ」スペシャルに出演。
ドラマ「仮面ティーチャー」小松七海役 レギュラー出演。
ドラマ「ハクバノ王子サマ」北凉子役 レギュラー出演。

2014年
ドラマ「スマホ・リアル・ストーリー」に出演。
NHK連続テレビ小説「花子とアン」宮本富士子役で出演。
映画「物置のピアノ」宮本春香役 主演

2015年
ドラマ「表参道高校合唱部!」香川真琴役 主演
芳根京子-表参道高校合唱部!
ドラマ 「探偵の探偵」紗崎咲良役で出演。
映画「幕が上がる」袴田葵役で出演。
沖縄国際映画祭出品作
  「U.F.O〜Ushimados Fantastic Occurrence〜」ヒロイン スズネ役で出演。
映画「向日葵の丘−1983 年夏」多香子役で出演。
映画「先輩と彼女」ヒロイン 都築リカ役で出演。
舞台「幕が上がる」袴田葵役で出演。

2016年
ドラマ「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」明日香役で出演。
CM「アサヒ飲料 三ツ矢サイダー」に出演
ラジオ 毎週火曜日「芳根京子のみみにリコピン♪」
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」ヒロイン 坂東すみれ役 主演

と、映画・ドラマ・舞台・CM・ラジオと幅広く活躍をされています。

 

 

 

 

芳根京子(よしねきょうこ) 今後の活動は?

 

現在今決定しているところですが、

2016年3月29日からのラジオ
毎週火曜日 「芳根京子のみみにリコピン♪」

毎週火曜日23時30分頃~45分頃まで
「レコメン!」の中での15分間で
『芳根、ひと背中押します!!』コーナー
悩んでいる人・カツを入れてほしい人からメールを募集するいわゆるお悩み相談コーナー。
最後に芳根京子がリスナーの背中を押す、ありがたい「お言葉」をスタジオで全力で叫ぶ。

『芳根京子がハタチを迎えるまでに知っておくべき100のコト』コーナー
ハタチまで1年を切った芳根京子が「残り1年で知っておくべきこと、やっておいた方がいいこと」をリスナーから募集。
「読んでおくべき本」「観ておくべき映画」「チャレンジしておくべき趣味」「食べておくべき物」などを人生の先輩リスナーから教えてもらい、ハタチに向けた準備をしていく。

と言った内容を企画されているようです。

『芳根京子』さんのツイッターより

お喋り大好きなのでワクワクしてます。
1人でお喋りだけど、
皆さんとお話ししてる気分になれたらいいな~
皆さんにもそう感じていただけたらいいな~
そして近い距離に感じていただけるといいな~
毎週火曜日は私の声を聞いてから寝てください!笑

2016年10月3日からのNHK連続テレビ小説
「べっぴんさん」ヒロイン 坂東すみれ役

アパレルメーカーのファミリア創業者のひとりである坂野惇子(ばんの あつこ)さんが本作のモデル。

戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語です。

脚本  :渡辺千穂
キャスト:芳根京子、他

【ストーリー】

すみれ。それがこの物語のヒロインの名前です。
昭和のはじめ。
神戸の山の手で生まれたすみれは、早くに亡くなった母から教えられた刺繍や手芸が大好きな女の子でした。
会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、18歳でお見合い結婚、ほどなく娘を授かります。
順風満帆に思われた人生でしたが、戦争ですべてが変わります。
夫は出征し、家は焼け、戦争が終わると財産は没収。
おっとりとしたすみれはどうしていいかわかりません。
そんなとき、幼い娘のために手作りした服を見た人から「それを売ったらいいんじゃないか」と言われたことをきっかけに、すみれは生きていくために子供服作りを始めます。
そんなすみれの周りには、様々な事情を抱えた女性たちが集まってきます。
働いたことなどない女同士で「ああでもない、こうでもない」と言い合いながら、気づけば会社まで起業、子供服作りにのめり込んでいきます。
戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。
すみれの夫・紀夫は戦前の「男が働き、女は家の中」という考えが捨てきれず、また、儲けをあげることより「子供のため、ママのためによりよいモノを作りたい」という彼女たちの仕事のやり方も理解できません。
しかし、やがて彼女たちの意気込みに触れ、子供服作りに一途な彼女を陰ながら支える生き方を選び、「最強のパートナー」となっていきます。
「婦唱夫随」のすみれと紀夫は、仲間たちとともに「こだわりのモノづくり」を貫き、やがて宮内庁御用達と認められるまでになっていきます。
そして後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子供のモノなら何でもそろう」日本初の総合子供用品店をオープンさせることになります。

 

 

 

 

芳根京子(よしねきょうこ) の画像を少し集めてみました。

芳根京子 さんの動画です。

【NewDays】芳根京子

 

芳根京子 さんの画像です。

芳根京子-1

芳根京子-2

芳根京子-3

芳根京子-4

芳根京子-5

NHK朝の連続テレビ小説のオーディションを4作連続で受験し、4度目の正直で見事ヒロインの座を勝ち取った『芳根京子』さん。
デビューから今年で4年目となるが、既に有名作品に数多く出演されている実力派女優。
今年はますます人気急上昇となること間違いなし。
そんな『芳根京子』さんの今後の活躍に注目です。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 女性俳優 , , , , , , , , ,