【保存版】西国三十三所巡礼 『六番札所 壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 壺阪山 南法華寺 壺阪寺

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【六番札所】壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 壺阪山 南法華寺 壺阪寺

西国三十三所 壺阪山 南法華寺 壺阪寺

 

 

 

 

【六番札所】壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)

『六番札所 壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)』歴史

南に桜の名所吉野山を控え北に万葉のふるさと大和三山奈良盆地を一望におさめる壷阪の山に建つ。
真言宗の寺。
西国三十三所観音霊場の第六番札所。
本尊十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験あらたかな観音様、目の観音様として全国各地から毎日多くの参拝者が訪れる。

創建は寺蔵の『南法花寺古老伝』によると、大宝3年(703)年に元興寺の僧、弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した観音像を刻んでまつったのが始まりといわれる。
境内からは当時の藤原宮の時期の瓦が多数出土している。
その後、元正天皇に奏じて御祈願寺となった。

平安期には、長谷寺とともに定額寺に列せられ(847年)、平安貴族達の参拝も盛んになり、ことに清少納言は「枕草子」のなかで「寺は壷坂、笠置、法輪・・・」と霊験の寺として、筆頭に挙げている。
また、左大臣藤原道長が吉野参詣の途次に当寺に宿泊したという記録も残っている(1007年)。
この頃、子島寺の真興上人が壷阪寺の復興にあたり、真言宗子島法流(壷坂法流)の一大道場となり、三十三所の観音霊場信仰とともに、寺門は大いに栄えていった。
その後数度の火災にあうが、その度に山僧の合力により再建がなされてきた。
しかし、南北朝や戦国の動乱に巻き込まれ、当時庇護を受けていた越智氏の滅亡とともに壷阪寺も衰退していく。
一時は山内に三十六堂、六十余坊の大伽藍を配していたが、境内には三重塔と僅かな諸坊を残すだけとなった。

近世の壷阪寺は豊臣秀吉の弟秀長の家来本多利久が高取城主となり、本多氏とその後明治の廃藩置県まで続く藩主植村氏の庇護を受け復興していった。

明治の初め、盲目の夫沢市とその妻お里の夫婦の物語、人形浄瑠璃『壺坂霊験記』が初演され、歌舞伎、講談、浪曲となり壷阪寺の名は大きく世に広まっていった。

Wikipedia より抜粋

 

 

『六番札所 壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)』基本情報

札所番号:第六番
山号寺号:壺阪山 南法華寺(つぼさかやま みなみほっけじ)
通称  :壺阪寺
宗派  :真言宗
開基  :弁基上人
創建  :大宝3(703)年
御本尊 :十一面千手千眼観世音菩薩
御詠歌 :岩をたて 水をたたえて 壺阪の 庭にいさごも 浄土なるらん

拝観料 :大人600円、小人100円
拝観時間:8:30〜17:00
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:8:30〜17:00
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月1日~3日:修正会 ・新春福引き大会
1月18日  :初観音
2月1日~4日:星祭り祈祷会
2月3日   :節分会
3月18日  :春季彼岸会
4月18日  :観音ご縁日
5月18日  :春の眼病封じ祈願会
8月18日  :大施餓鬼会
9月18日  :秋季彼岸会
10月18日  :秋の眼病封じ祈願会・めがね供養会
11月18日  :観音ご縁日
12月18日  :納め観音
毎月18日  :観音ご縁日 (二月、六月、七月を除く)
12月31日  :除夜の鐘

●特別拝観
8月23日~10月10日:三重の塔初層特別開帳

 

 

『六番札所 壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)』アクセス

住所  :奈良県高市郡高取町壷阪3番地
電話  :074452-2016

【マイカーの場合】
●大阪方面より
阪和自動車道で、美原JCTより南阪奈道路 または 西名阪自動車道で柏原I.C下車、
国道165号線より県道御所香芝線(山麓線)太田交差点を左折高田バイパスで橿原市内169号線へ、
橿原市内より約15分

●京都方面より
国道24号線南下、橿原市内国道169号線へ、橿原市内より約15分

●名古屋方面より
名阪国道針I.C下車、国道369号線南下、国道165号線~169号線へ(看板あり)、明日香より約10分
※169号線途中、壷阪寺行き看板あり明日香より約10分、吉野山より約45分

駐車場 :有
駐車料金:500円

【公共交通機関の場合】
●大阪方面より
近鉄大阪阿部野橋より吉野行き壺阪山下車(特急で約40分)
奈良交通バス壷阪寺前行きに乗り終点下車(約11分)。バス停から徒歩約5分。

●京都方面より
近鉄京都駅より橿原神宮前行きで橿原神宮前乗換、吉野行壺阪山駅下車(特急で約70分)
奈良交通バス壷阪寺前行きに乗り終点下車(約11分)。バス停から徒歩約5分。

●名古屋方面より
近鉄名古屋駅より大和八木駅、橿原神宮前駅乗換、壺阪山駅下車(特急で約2時間25分)
奈良交通バス壷阪寺前行きに乗り終点下車(約11分)。バス停から徒歩約5分。

西国三十三所 壺阪山 南法華寺 壺阪寺

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『六番札所 壺阪山 南法華寺 (壺阪寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

五百羅漢
壷坂寺から高取城跡につづく山腹巨岩に掘られた無数の石仏群で、「親に会いたくば、五百羅漢の堂にこもれ」という例えがあります。
本多因幡守が高取城築城のころ、石工などに作らせたものとされています。
住所  :奈良県高市郡高取町壷阪香高山
TEL   :

高取城跡
南北朝時代、吉野方に味方した越智氏の支城の一つであったが,戦国時代に入ると、大和郡山城を居城とする筒井順慶が、郡山城の詰の城として本格的城郭に改めた。
さらに豊臣秀長が郡山城主となると、新しい縄張によって築城したと伝えられる。
元和元年(1615)の「一国一城令」によって多くの城が破却されたが、重要な山城が例外的に破却をまぬがれた。
高取城もその一つ。現在石塁が残るだけ。
◎筒井順慶(1549-84)筒井生れ。興福寺の官符衆徒(僧兵の隊長格)順昭の子。
松永久秀失脚のあと信長から大和を与えられ郡山城主となる。
洞ケ峠の日和見武士の汚名は有名。
住所  :奈良県高市郡高取町高取
TEL   :

猿石
二ノ門外、城下町に下る大手筋と岡口門の分岐点にあり。
制作は、飛鳥時代の斉明朝あたりと推定される。
高取城築城の際、石垣に転用するために明日香村から運ばれたと言われている。
明日香村檜隈(ひのくま)の吉備姫王(きびのひめみこ)の墓の域内にある石仏像と同類のものである。 
郭内と城内の境目を示す「結界石」とした説もある。
住所  :奈良県高市郡高取町高取
TEL   :

束明神古墳
真弓岡丘陵の東南部,春日神社境内にあります。
丘陵を大きくカットし、直径70mの範囲を半円状に造成し、中央部に墳丘を造った終末期古墳です。
凝灰岩の切石を積み上げた精巧な横口式石槨は、ほかには類例がない貴重なものです。
築造は、7世紀後半から末頃と推定され、草壁の皇子(天武天皇、持統天皇の皇子)の墓ではないかと言われています。
住所  :奈良県高市郡高取町佐田
TEL   :

土佐街道
このあたりは古くは土佐街道と呼び高取藩の城下町として多くの人々が往来し大和平野と吉野地方の文化の交流拠点として大いに賑わいました。
また、壷坂寺の参詣道として往時を偲べます。
今でもなお、江戸時代の古い町家が残る、当時の雰囲気をしのばせるメインストリートです。
住所  :奈良県高市郡高取町上土佐周辺地域
TEL   :

 

 

グルメ 情報

●つぼさか茶屋
万葉人の道の駅 壷阪寺境内のお食事処
住所  :

●手作り豆腐 土佐屋
土佐街道の手作り豆腐のお店
住所  :奈良県高市郡高取町上土佐10

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●長谷寺温泉
花の御寺として知られる長谷寺の門前町に湧く温泉。
湯は重曹泉を沸かしている。
すぐ近くには、二階にランカンのついた昔風の宿など数軒の旅館があるが、温泉を引いているのは井谷屋だけ。
なお、朝早く長谷寺にいくと勤行の風景が見られる。

●本郷温泉
大池の湖畔の麓に佇む奈良では珍しいメタケイ酸の温泉。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,