【保存版】西国三十三所巡礼 『五番札所 紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 紫雲山 葛井寺 藤井寺 剛琳寺

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【五番札所】紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 紫雲山 葛井寺 藤井寺 剛琳寺

西国三十三所 紫雲山 葛井寺 藤井寺 剛琳寺

 

 

 

 

【五番札所】紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)

『五番札所 紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)』歴史

寺伝では神亀2年(725年)、聖武天皇の勅願で行基が創建し、古子山葛井寺(紫雲山金剛琳寺)の勅号を得たとされ、平安時代になって平城天皇の皇子・阿保親王が再興したとされている。
近世の地誌類や再興勧進帳でも以上の寺伝を踏襲しているが、百済王族の子孫である渡来人系氏族葛井(藤井)連(ふじいのむらじ)により8世紀中頃に創建されたとも推定されている。
なお、平安時代初期に寺を再興したと伝えられる阿保親王の母も藤井氏である。

白猪氏氏寺
百済辰孫王の後裔氏族である、船氏、津氏とならぶ白猪氏の氏寺として7世紀中葉に建立が開始された。
奈良時代の720年に白猪氏は葛井氏に改姓している。
一族からは大安寺僧慶俊が出ている。
社伝では、大同元年(807)に葛井連道依娘の藤子と後の平城天皇との皇子である阿保親王によって再建された。
また阿保親王の皇子である在原業平が奥の院を造営した。

中世以前の沿革については史料が乏しく、必ずしも明確でないが、本尊千手観音坐像は奈良時代の作品であり、境内から奈良時代の古瓦が出土することなどから、創建が奈良時代・8世紀頃にさかのぼることは間違いない。
境内出土の瓦の1つに久安3年(1147年)の銘があり、その頃に造営事業が行われたことが推定される。
平安時代後期から観音霊場として知られるようになり、西国三十三所観音霊場が成立すると、その一つに数えられるようになった。
永長元年(1096年)には、大和国賀留の里の住人・藤井安基が、荒廃した伽藍を修理したと伝える。
南北朝時代には楠木正成が陣をしいたことがあるなど、たびたび兵火にさらされた。
当寺の伽藍は東西2つの三重塔をもつ薬師寺式伽藍配置であったが、明応2年(1493年)の兵火と永正7年(1510年)の地震で堂塔を失い、現存する建物は近世以降の再建である。

Wikipedia より抜粋

 

 

『五番札所 紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)』基本情報

札所番号:第五番
山号寺号:紫雲山 葛井寺(しうんざん ふじいでら)
通称  :藤井寺、剛琳寺
宗派  :真言宗御室派
開基  :行基
創建  :神亀2(725)年
御本尊 :十一面千手千眼観世音菩薩
御詠歌 :参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

拝観料 :無料(毎月18日のご本尊開扉日のみ 300円)
拝観時間:8:00〜17:00
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:8:00〜17:00
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月18日     :初観音法要
2月3日     :星供会 厄除祈願会
4月8日     :花まつり法要
4月18日     :春季大法要 観音もちまき
4月29日     :藤の花まつり
8月9日     :千日詣
8月16日     :お盆万灯会
12月18日    :修観音 大根煮
12月31日~1月1日:除夜の鐘撞き

●特別拝観
9月17日~9月22日:非公開の特別開帳

 

 

『五番札所 紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)』アクセス

住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1丁目16番21号
電話  :0729-39-5705

【マイカーの場合】
西名阪道藤井寺ICから府道12号を西へ0.3 km、小山交差点左折して600mのNTT南まで

駐車場 :有
駐車料金:500円~

【公共交通機関の場合】
●電車
 近鉄 南大阪線 藤井寺駅 徒歩5分

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『五番札所 紫雲山 葛井寺 (藤井寺/剛琳寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

辛国神社
辛国神社の由緒は諸説ある。
雄略天皇の時代(500年頃)に、物部氏が創設したという説や、渡来系氏族の辛国氏が、辛国(韓国)の神を祀った説などが伝えられている。
室町時代、河内の守護職、畠山基国は200石を寄進し、奈良の春日大社より春日の神を合祀した。
その後、織田信長の時代になって、神社は兵火にあい焼失した。
1908年(明治41年)になって、近くにあった長野神社も合祀された。
そのため祭神は、物部一族の祖・饒速日命(にぎはやひのみこと)、春日の神・天児屋根命(あめのこやねのみこと)、素戔嗚命(すさのおのみこと)の三神になった。
また、長い参道は樹木におおわれ、府の「みどりの百選」に入っている。
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1丁目19-14
TEL   :072-955-2473

仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳)
仲哀天皇陵は、墳丘長242メートル、周濠幅約50メートルの大型前方後円墳。
古市古墳群では4番目の大きさである。
別名「岡ミサンザイ古墳」とも呼ばれ、羽曳野丘陵の北東部外縁に位置している。
横穴式石室を採用している可能性があること、また出土した円筒埴輪などから、5世紀後半の築造と考えられている。
冬にはマガモ、オナガガモ、トモエガマ、ハシビロ、カイツブリなどの渡り鳥が多く飛来し、バードウォッチングに人気がある。
市民の憩いの場としても親しまれている古墳だ。
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺4丁目
TEL   :

道明寺
藤井寺市にある道明寺は、もともと推古2年(594)、土師連八島が氏寺・土師寺として、現在の道明寺天満宮の場所に建立したもの。
延喜1年(901)、大宰府に左遷される菅原道真がこの寺にいた伯母の覚寿尼を訪ね、「鳴けばこそ別れも憂けれ 鶏の音の 鳴からん里の 暁もかな」という歌を詠み、別れを惜しんだ場所として知られ、歌舞伎や文楽の「菅原伝授手習鑑」にも描かれている。
道真の死後、寺名は道真の号である「道明」に改称され、道真が自ら刻んだと伝えられている国宝の十一面先手観音像を本尊とする。
道明寺名物の糒(ほしい/道明寺粉)は、道真が九州へ出発した後、覚寿尼が毎日供えていたご飯のお下がりが、次第に病が治る食べ物として評判になったことから、乾燥・貯蔵し、希望者に分け与えられたというもの。
現在の糒は、もち米を乾燥させ挽いた粉で、保存が利くため和菓子などにも使われている。
住所  :大阪府藤井寺市道明寺1-14-31
TEL   :072-955-0133

関西サイクルスポーツセンター
金剛生駒紀泉国定公園内にある関西サイクルスポーツセンターは、遊園地とキャンプ場、自転車テーマパークがひとつになった広大な施設。
1周3kmのサイクリングコースでは木々の香りや澄んだ空気を楽しみながら、自転車ならではの魅力を満喫。
隣接する小さなコースでは、ユニークな形をした自転車80種類・800台が利用できる。
また時速30kmで森の中を走り抜ける自転車版ジェットコースターや、ペダルをこいで高さ30mまで上昇しパラシュートで軟着陸するサイクルパラシュート、ハンドルを操縦しながらコースをすべりおりるサイクルリュージュなど、スリル溢れる自転車も。
一方、クッション舗装で安心な初心者自転車練習広場も設けられている。
バーベキューが楽しめるキャンプ場、木立の中のログハウスも快適。
住所  :大阪府河内長野市天野町1304
TEL   :0721-54-3101

 

 

グルメ 情報

●お好み焼き 来楽蔵
藤井寺駅前で粉モンがうまいお店
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1-1-5

●ニューとり藤
藤井寺駅近で大人数の宴会対応できる居酒屋
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1-1-8

●居酒屋 やんちゃの郷
一人鍋から焼肉と海鮮が楽しめる居酒屋
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1丁目17-2

●キッチンマミーズハウス
朝から落ち着いた雰囲気でくつろげるカフェ
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1丁目16-40

●N.Dining Bar MIYAG-Style
和食料理人の作る創作料理を楽しめるお店
住所  :大阪府藤井寺市藤井寺1-1-24 ふじ井ビル2F

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●天見温泉
天見温泉(あまみおんせん)は、大阪府河内長野市にある山あいの温泉。
紀見峠は古くより高野山参拝に用いられ、庶民や貴族を初め、多くの往来があった。
そのため、南北朝時代に近郷の流谷八幡神社の宮司が病弱に苦しむ人のために湯治場を開くと、大いにもてはやされた。
この功績から高野山から寺領を寄進され、流谷神社は神仏習合し、流谷極楽寺が建立された。
それゆえ、参拝客らは極楽寺を参拝してから高野山に参ることが慣習化し、そのことから極楽温泉などと呼ばれるまでに隆盛を極めた。

●石切温泉

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , , ,