【保存版】西国三十三所巡礼 『三十番札所 厳金山 宝厳寺』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

【保存版】西国三十三所巡礼 『三十番札所 厳金山 宝厳寺』の気になるお役立ち情報

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【三十番札所】厳金山 宝厳寺の情報を紹介致します。

【保存版】西国三十三所巡礼 『三十番札所 厳金山 宝厳寺』の気になるお役立ち情報

【保存版】西国三十三所巡礼 『三十番札所 厳金山 宝厳寺』の気になるお役立ち情報

 

 

 

 

【三十番札所】厳金山 宝厳寺

『三十番札所 厳金山 宝厳寺』歴史

琵琶湖の北端近くに浮かぶ竹生島に位置する。
竹生島は周囲2キロメートル、面積0.14平方キロメートルほどの小島で、島の周囲は南東部にある船着き場を除いてほとんどが急な断崖になっている。
島には宝厳寺と都久夫須麻神社の他にはみやげ物店が数軒あるだけで、文字通り信仰の島である。
現在は宝厳寺と都久夫須麻神社という「寺」と「神社」に分かれているが、このように区別されるようになったのは、明治時代初期の神仏分離令以降のことであり、竹生島では平安時代から近世まで神仏習合の信仰が行われていた。
延喜式神名帳には、近江国浅井郡の社として都久夫須麻神社の名があり、祭神は浅井姫命(あざいひめのみこと)とされていた。
浅井姫命は、浅井氏の氏神ともいわれ、湖水を支配する神ともいわれるが、平安時代末期頃から、この神は仏教の弁才天(元来はインド起源の河神)と同一視されるようになったようである。
近世には宝厳寺は観音と弁才天の霊場として栄える一方で、都久夫須麻神社は宝厳寺と一体化し、寺と神社の区別はなくなっていた。

宝厳寺は奈良時代、聖武天皇の命により、僧・行基が開創したとされている。
行基は出身地の河内国(大阪府南部)を中心に多くの寺を建て、架橋、治水灌漑などの社会事業にも尽くし、民衆の絶大な支持を得ていたとされる僧であり、近畿一円に行基開創を伝える寺院は多い。
宝厳寺の寺伝によれば神亀元年(724年)、行基が竹生島を訪れ、弁才天を祀ったのが起源とされているが、承平元年(931年)成立の『竹生島縁起』には、行基の来島は天平10年(738年)で、小堂を建てて四天王を祀ったのが始まりという。
同縁起によれば、天平勝宝5年(753年)、近江国浅井郡大領の浅井直馬養(あざいのあたいうまかい)という人物が、千手観音を造立して安置したとある。
当初は本業寺(ほんごうじ)、のちに竹生島大神宮寺と称し、東大寺の支配下にあったが、平安時代前期、10世紀頃から近江国の他の多くの寺院同様、比叡山延暦寺の傘下に入り、天台寺院となった。
以降、島は天台宗の僧の修行の場となった。
また、平安時代末期頃からは観音と弁才天信仰の島として栄えた。

中世以降、貞永元年(1232年)、享徳3年(1454年)、永禄元年(1558年)などに大火があったが、その都度復興している。
永禄元年の大火後、慶長7年-8年(1602-1603年)、豊臣秀頼が片桐且元に命じて伽藍を復興している。
この際復興されたのが唐門、渡廊、観音堂、ならびに弁才天社(現・都久夫須麻神社本殿)である。
唐門は豊国廟(京都東山にあった豊臣秀吉の霊廟)の唐門(極楽門ともいい、元は大坂城の極楽橋の唐破風造部分であった可能性が指摘されている)を移築したものであり、都久夫須麻神社本殿は豊国廟あるいは伏見城の日暮御殿を移築したものとされる。

明治の神仏分離の際、時の政府は弁才天社を平安時代の『延喜式』に見える「都久夫須麻神社」という社名に変更することを強要し、仏教寺院としての宝厳寺は廃寺の危機を迎えるが、寺側は、弁才天は仏教の仏であると主張して譲らなかった。
結局、竹生島の信仰施設は宝厳寺と都久夫須麻神社に分離することになり、明治7年(1874年)に「寺」と「神社」の境界が決まり、明治16年(1883年)には寺の財産と神社の財産が区別されて今日に至っている。
現状、宝厳寺と都久夫須麻神社は別法人であるが、宝厳寺観音堂と都久夫須麻神社本殿は渡廊で直接連絡しており、両者はもともと不可分の関係にあることがわかる。

Wikipedia より抜粋

 

 

『三十番札所 厳金山 宝厳寺』基本情報

札所番号:第三十
山号寺号:厳金山 宝厳寺(ほうごんじ)
通称  :竹生島宝厳寺
宗派  :真言宗豊山派
開基  :行基
創建  :神亀元(724)年
御本尊 :千手千眼観世音菩薩(観音堂)
御詠歌 :月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして

拝観料 :無料(観光船代が別途必要)
     
拝観時間:9:30~16:30 (観光船に準じる)

納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円

納経時間:9:30~16:30 (観光船に準じる)

※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月1日~4日:修正会
2月1日~4日:星祭(節分会)
3月1日~3日:島繋ぎ神事
8月1日   :琵琶湖祭
8月3日   :祈願祭(仏餉会)
8月15日  :蓮華会
10月20日  :蚕糸祭
毎月15日  :天女会
毎月18日  :観音会

●特別拝観
10月15日~10月31日:三重の塔開扉

 

 

『三十番札所 厳金山 宝厳寺』アクセス

住所  :滋賀県東浅井郡びわ町早崎竹生島1664
電話  :0749-63-4410

【マイカーの場合】
●長浜港
北陸自動車道 長浜ICで降り、西へ琵琶湖まで直進。(港に駐車場有り)

●彦根港
彦根ICより外町トマチ交差点を右折直進、陸橋を左折

●今津港
湖西道路 滋賀ICで降り右折、国道161信号を左折直進。(港に駐車場有り)

駐車場 :有 (台数は港により30〜100台くらい)
          
駐車料金:有料

【公共交通機関の場合】
●長浜港
JR長浜駅より徒歩10分

●彦根港
JR彦根駅よりタクシー5分/バス20分

●今津港
JR今津駅より徒歩5分

【観光船時刻表・乗船料金】
長浜港 琵琶湖汽船

彦根港 オーミマリン

今津港 琵琶湖汽船

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『三十番札所 厳金山 宝厳寺』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

都久夫須麻神社
浅井姫命を祭神とする。社殿は豊臣秀頼が伏見城の「勅使殿」を移した。
住所  :滋賀県長浜市早崎町竹生島
TEL   :

黒壁スクエア
黒壁スクエアは、滋賀県長浜市にある古い情緒ある街並みが特徴のエリアのこと。
江戸時代から明治時代の古建築を活かしたガラスショップ、ギャラリー、ガラス工房、体験教室、レストラン、カフェ等が集積します。
年間約200万人の観光客が訪れる滋賀県湖北随一の観光スポットです。
住所  :滋賀県長浜市元浜町12-38
TEL   :0749-65-2330

長浜城歴史博物館
昭和58年に復元された白壁の長浜城の内部が、歴史博物館として公開されている。
湖北、長浜の歴史と文化を展示し、曳山まつりなどを、ビデオで再現している。
5階のパノラマ展望台からの眺めは、琵琶湖と市内が一望できてすばらしい。
住所  :滋賀県長浜市公園町10-10
TEL   :0749-63-4611

奥琵琶湖パークウェイつづら尾崎展望台
琵琶湖最北の美しい湖面と山々のパノラマを堪能できる。
住所  :滋賀県長浜市高月町 片山
TEL   :

冨田酒造
賤ケ岳の七本槍にちなんだ清酒「七本槍」の蔵元。
450有余年の歴史を経た酒蔵。
北大路魯山人が当家に残した扁額「七本鎗」が店にある。
住所  :滋賀県長浜市木之本1107
TEL   :

 

 

グルメ 情報

●翼果楼
滋賀の長浜名物、焼鯖そうめんが有名なお店
長浜駅徒歩4分のところにある「翼果楼」。
滋賀の長浜名物の地鶏そうめんが有名なお店です。
古民家をそのままお店にしていて靴を脱いでゆったり食事ができるのが魅力的なお店です。
鯖寿司もとてもおいしく量もちょうどいい。
鯖そうめんは香ばしく上品なおいしさで絶品です。
住所  :滋賀県長浜市元浜町7-8

●ビアレストラン長濱浪漫ビール
麦芽・ホップ・イーストのみを使用し、醸造、さらに加熱処理をしない本格生ビールが味わえる。
貯蔵タンクからサーバーに直結して作りたてを提供するブルワリーパブ。
米の集荷蔵を改造した店内は客席数120でゆったり。地ビールに合わせて、伊吹山麓のハーブ入り手作りオリジナルソーセージもおすすめ。
作りたてのビールと季節の料理を味わおう
住所  :滋賀県長浜市朝日町14-1

●茶しん 駅前本店
ホワイト餃子などの珍しいメニューが食べられる、自家製にこだわったお店。
住所  :滋賀県長浜市元浜町5-3

●元祖堅ボーロ本舗
ポルトガル語で小さく球状のお菓子を意味する「ボーロ」にちなんで「堅ボーロ」と名付けられ明治27年創業以来「体にやさしい」をモットーに自然食品として今も昔と変わらず手造りで製造しております。
「堅ボーロ」はそのごつごつした形で長浜城跡の穴太(あのう)積みされた石垣をイメージとした質実剛健のもと着色料、防腐剤等一切使用せず小麦粉の生地を二度焼きし、現在見直されている生姜の効能をベースに生姜砂糖でコーティングしたお菓子です。
住所  :滋賀県長浜市朝日町3-16

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●尾上温泉 旅館 紅鮎
全館畳敷きの廊下と、全室にしつらえられた客室露天風呂。湯船につかりながら眺める、びわ湖に浮かぶ竹生島。
四季折々の海の幸、山の幸を使った京風会席、湖魚料理の数々。
湖畔の別宅での贅沢なひとときを。

●須賀谷温泉
源泉は無色透明で、空気に触れると赤茶色になるという独特の湯。
食事は本場の近江牛や季節の会席、冬場はカモ・ボタン・カニ・ふぐも楽しめる。
観音の里、戦国の舞台として知られる歴史の宝庫。

●想古亭げんない
奥琵琶湖の賎ヶ岳ふもと、自然の中に佇む一軒宿。
料理の素材は地元産のものを中心に、地産地消を心がける。
特選の近江牛はステーキやしゃぶしゃぶで。
五右衛門風呂は木製・鉄製とありすべて貸切利用可。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,