【保存版】西国三十三所巡礼 『三番札所 風猛山 粉河寺』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 風猛山 粉河寺

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【三番札所】風猛山 粉河寺の情報を紹介致します。

西国三十三所 風猛山 粉河寺

西国三十三所 風猛山 粉河寺

 

 

 

 

【三番札所】風猛山 粉河寺

『三番札所 風猛山 粉河寺』歴史

「粉河寺縁起」には2つの説話が語られています。
1つ目の話は、
粉河寺の草創と千手観音の由来に関するものです。
紀伊国の猟師・大伴孔子古は宝亀元年(770年)のある日、山中に不思議な光を発する場所を見つけて、そこに小さな庵を営みました。
これが粉河寺の始まりといいます。
その後のある日、孔子古の家に一人の童子(童男行者)が訪ねて来て、一晩泊めてくれと言いいます。
童子は宿を借りたお礼にと言って、7日かけて千手観音の像を刻みました。
8日目の朝、孔子古が見てみると童子の姿はなく、金色の千手観音の像だけがありました。
その後、孔子古は殺生をやめて観音を信仰するようになったとのことです。

2つ目の話は、
千手観音の霊験説話です。
河内国の長者・佐太夫の娘は重い病で明日をも知れぬ命でした。
そこへどこからともなく現れた童行者が千手千眼陀羅尼を称えて祈祷したところ、娘の病は全快しました。
喜んだ長者がお礼にと言って財宝を差し出すが童行者は受け取らず、娘の提鞘(さげざや、小太刀)と緋の袴だけを受け取り、「私は紀伊国那賀郡におります」と言って立ち去りました。
長者一家が那賀郡を尋ねて行くと、小さな庵に千手観音像が立ち、観音の手には娘の提鞘と緋の袴がありました。
長者一家は、あの行者が観音の化身であったことを知ってその場で出家し、孔子古とともに粉河寺の繁栄に尽くしたとのことです。

以上の説話がどこまで史実を反映したものかは定かではありませんが、粉河寺は平安時代には朝廷や貴族の保護を得て栄えたことは確かなようです。
清少納言の『枕草子』194段には「寺は壺坂、笠置、法輪(中略)石山、粉川、志賀」とあり、『梁塵秘抄』に載せる今様には、「観音験(しるし)を見する寺、清水、石山、長谷の御山、粉河(後略)」とあります。
西行の『山家集』や、架空の物語である『うつほ物語』『狭衣物語』にも粉河寺への言及があるなど、遅くとも平安時代中期・10世紀には観音霊場として著名であったことがわかります。
平安時代後期には、その頃から始まった西国三十三所観音霊場巡りの札所の1つとして栄えました。
天正13年(1585年)、豊臣秀吉が紀州に攻め入り、根来寺や雑賀衆とともに抵抗したものの全山焼失。
この時、粉河寺縁起絵巻も焼損しました。
正徳3年(1713年)にも火災があり、現在の伽藍はほとんどがそれ以降の江戸時代の再建となります。

Wikipedia より抜粋

 

 

『三番札所 風猛山 粉河寺』基本情報

札所番号:第三番
山号寺号:風猛山 粉河寺(ふうもうざん、かざらぎさん こかわでら)
通称  :
宗派  :粉河観音宗(総本山)
開基  :大伴孔子古
創建  :宝亀元(770)年
御本尊 :千手千眼観世音菩薩
御詠歌 :父母の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓ひ たのもしの身や

拝観料 :300円
拝観時間:8:00〜17:00
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:8:00〜17:00
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

西国三十三所 風猛山 粉河寺

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月1日    :初詣
3月3日    :流し雛(午後一時)
旧暦の初午の日:採灯大護摩供会(午後二時半)
8月9日    :施餓鬼会(午前四時~午後十時)
8月15日    :不断経会と送り火(午前一時~午後九時)
10月第4土曜日 :曼荼羅供会(午後一時半)
12月18日   :童男会(午前六時~午後三時)
毎月18日   :観音月並法要(午後一時半)

●特別拝観
3月26日~5月5日 :粉河寺、薬師堂御本尊御開帳
※本来は1月8日の初薬師の日のみ

 

 

『三番札所 風猛山 粉河寺』アクセス

住所  :和歌山県紀の川市粉河2787
電話  :0736-73-4830, 0736-73-3255

【マイカーの場合】
阪和自動車道 上之郷または和歌山インターからいずれも約35分

駐車場 :有 (100台)
駐車料金:500円~

【公共交通機関の場合】
●電車
 JR和歌山線粉河駅下車 門前町徒歩15分

●バス
 JR阪和線熊取駅下車 粉河行乗車 45分

西国三十三所 風猛山 粉河寺
西国三十三所 風猛山 粉河寺

◆バスの時刻等のお問い合わせ 
  0736-75-2151 和歌山バス

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『風猛山 粉河寺』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

粉河寺庭園(粉河寺から徒歩1分)
本堂前にひろがる桃山時代の枯山水庭園。
石組にサツキやソテツが植込まれ真中を石段が登っている。
住所  :和歌山県紀の川市粉河

青洲の里
初めての麻酔を使った手術を成功させた江戸時代の医師華岡青洲の診療所が復元された春林軒と資料館など
住所  :和歌山県紀の川市西野山473

旧名手宿本陣
旧名手大庄屋妹背家宅で、広い庭園は史跡の指定をうけている。
住所  :和歌山県紀の川市名手市場641

大国主神社
大国主神社神楽殿は、高床式舞台造りの神楽殿。
江戸時代中期に、この地方の文化殿堂として神事、祭礼に使われたとされる。
住所  :和歌山県紀の川市貴志川町国主1

グルメ 情報

●二代目よなきや 名手店
ラーメンと居酒屋メニューが充実、メガジョッキのビールも嬉しい
住所  :和歌山県紀の川市藤崎268

●大福軒
紀の川エリアの「大福軒」は美味しいラーメンのお店です。
紀伊長田駅の近くでみんなでも、1人でふらっと使うのもオススメです。
住所  :和歌山県紀の川市松井112-2

●あナリ
紀伊長田駅の近国の登録有形文化財の古民家で十割蕎麦の食べられるお店
住所  :和歌山県紀の川市赤尾179

●ユーカリット
とにかく野菜が美味しくて野菜サラダがオススメの雰囲気のいいカフェ
住所  :和歌山県紀の川市南志野644

●福太郎
紀の川エリアの「福太郎」は美味しい寿司のお店です。
住所  :和歌山県紀の川市粉河980-1

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●紀州 和歌の浦温泉
和歌山市郊外に位置する和歌の浦は、古くから美しい風景で多くの人に愛されてきた景勝地。
もともとは弱浜(わかはま)と呼ばれていたようですが、風光明媚な景観にちなんで明光浦(あかのうら)と名称を改め、転じて「若の浦(和歌の浦)」と呼ばれるようになったとか。
奈良時代には和歌の浦遊覧を目的にした行幸が開始され、和歌にもその名がしばしば登場します。
なかでも万葉歌人・山部赤人の「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る」の歌は有名です。
湾近くにある片男波公園には、和歌の浦ゆかりの歌碑が並んだ「万葉の小路」が約280mにわたって続き、歴史の香りを感じさせます。
もちろん和歌の浦を一望できる眺望も見事で散策にぴったりです。

●南紀椿温泉
自然遺産・文化遺産に恵まれている和歌山県。
南紀白浜として知られる白浜町は古くから湯治場として発展してきた町で、現在も年間通して多くの観光客が訪れます。
南紀椿温泉は「白浜温泉の奥座敷」と呼ばれていて、ひっそりとした温泉地ですが、シラサギが当地のお湯に浸かったところ、足の傷が癒えたとのことで、『紀伊続風土記』(天保10年)にはすでに名湯として紹介されていたといいます。
宿泊施設には湯治プランなどもあり、pH9.9の強アルカリ天然温泉にはリピーターも多いということです。
また近年では当地に湯治に訪れていた方の寄付により無料の足湯も開設されました。
白浜の海をゆったりと散策したら、疲れた翼を休めたい、そんな南紀椿温泉です。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , ,