【保存版】西国三十三所巡礼 『二十三番札所 応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 二十三番札所 応頂山 勝尾寺	(弥勒寺)

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【二十三番札所】応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 二十三番札所 応頂山 勝尾寺	(弥勒寺)

西国三十三所 二十三番札所 応頂山 勝尾寺	(弥勒寺)

 

 

 

 

【二十三番札所】応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)

『二十三番札所 応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)』歴史

伝承によれば、勝尾寺の草創経緯は次のとおりである。
神亀4年(727年)、 藤原致房の子の善仲、善算の兄弟はこの地に草庵を築き、仏道修行に励んでいた。
それから約40年後の天平神護元年(765年)、光仁天皇の皇子(桓武天皇の異母兄)である開成が2人に師事して仏門に入った。
宝亀8年(777年)、開成は念願であった大般若経600巻の書写を終え、勝尾寺の前身である弥勒寺を創建した。
そして、数年後の宝亀11年(780年)、妙観が本尊の十一面千手観世音菩薩立像を制作したと伝えられる。

開成の僧としての事績については正史に記載がなく不明な点も多いが、北摂地域の山間部には当寺以外にも高槻市の神峯山寺など、開成の開基または中興とされる寺院が点在している。

勝尾寺は平安時代以降、山岳信仰の拠点として栄え、天皇など貴人の参詣も多かった。元慶4年(880年)、当時の住職行巡が清和天皇の病気平癒の祈祷を行い、「勝王寺」の寺号を賜るが、「王に勝つ」という意味の寺号は畏れ多いとして勝尾寺に差し控えたという。
『日本三代実録』は、元慶4年、清和天皇死去についての記事で、同天皇が「勝尾山」に参詣したことを述べており、これが勝尾寺の文献上の初見である。

元暦元年(1184年)、治承・寿永の乱(源平合戦)の一ノ谷の戦いのあおりで焼失。
文治4年(1188年)、源頼朝の命により、熊谷直実・梶原景時によって再建された。

承元4年(1210年)には晩年の、讃岐国流罪から戻った法然が当寺に滞在している。

Wikipedia より抜粋

 

 

『二十三番札所 応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)』基本情報

札所番号:第二十三
山号寺号:応頂山 勝尾寺(かつおうじ・かつおじ・かちおじ)
通称  :弥勒寺
宗派  :真言宗
開基  :開成皇子
創建  :神亀4(724)年
御本尊 :十一面千手観世音菩薩
御詠歌 :重くとも 罪には法の 勝尾寺 ほとけを頼む 身こそやすけれ

拝観料 :大人 400円、小・中学生 300円
     
拝観時間:8:00~17:00、土 8:00~17:30、日祝 8:00~18:00

納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円

納経時間:8:00~17:00、土 8:00~17:30、日祝 8:00~18:00

※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

年間行事・特別拝観

●年間行事
毎月18日       :観音縁日法要、写経の会
1月1日        :初詣
1月1日~3日     :新年柴燈大護摩祈願
1月1日~5日     :福娘による吉兆品の授与
1月中        :新年勝運祈願、厄ばらい祈願
1月28日       :厄ばらい荒神大祭(大般若経転読法要、柴燈大護摩祈願)
2月3日        :節分会(星供養大祭)
春分の日~前後3日間 :春季彼岸法要
4月中        :桜まつり
4月中        :法然上人御忌法要 (法然上人の命日法要)
5月中        :シャクナゲまつり
6月中        :紫陽花まつり
8月15日       :盆施餓鬼大法要
秋分の日~前後3日間 :秋季彼岸法要
10月29日      :開山御正辰祭 (初代住職「開成」の命日法要)
11月中       :紅葉まつり
11月中       :七五三・無事成長 祈願
11月21日      :御影供(みえく)
11月中の土・日・祝日:特別夜間ライトアップ
12月31日      :大晦日、カウントダウン、鏡開き
毎月18日      :観音縁日法要、写経の会

●特別拝観
6月1日~6月30日:寺宝拝観
※土・日曜のみ

 

 

『二十三番札所 応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)』アクセス

住所  :大阪府箕面市勝尾寺
電話  :072-721-7010

【マイカーの場合】
●名神高速道路
「茨木インター」より国道171号線経由、「豊川一丁目」交差点右折(約20分)

●近畿自動車道・中国自動車道・名神高速道路
「吹田インター」より中央環状線・国道423号線経由、白島交差点右折、「栗生外院」交差点左折(約30分)

●中国自動車道
「池田インター」より
中央環状線・国道423号線経由、白島交差点右折、「栗生外院」交差点左折(約30分)

駐車場 :有り
          
駐車料金:普通車 500円~

【公共交通機関の場合】
電車
●北大阪急行 千里中央駅から 約20分

●阪急 北千里駅から 約15分

●阪急 箕面駅から 約15分

●大阪モノレール 彩都西駅から 約10分

バス
●北大阪急行 千里中央駅より運行
時刻表はこちら

●阪急電鉄 箕面駅より運行
 (土・日・祝のみ・ただし11月と1月1日~3日は運休)
時刻表はこちら

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『二十三番札所 応頂山 勝尾寺 (弥勒寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。
幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていて、一帯には980種もの植物や3,000種を超える昆虫が生息する。
大阪府の貴重な自然の森であるとともに、東海自然歩道の西の起点でもある。
四季折々の風情が楽しめ、春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。
箕面山は古くから山岳仏教の聖地で、役行者が開いたという修験道の根本道場・瀧安寺(箕面寺)などの古刹も見られる。
また、滝へ行く途中の道にある昆虫館も有名。
1万点近くの昆虫の標本に加えて、大温室・放蝶園には約30種200匹以上の蝶が飛び交い、四季を通じてその生態が観察できる。
住所  :大阪府箕面市箕面公園
TEL   :072-723-0649

箕面公園昆虫館
自然豊かな明治の森箕面国定公園内に昭和28年に開設。
阪急「箕面」駅から滝道を上がれば約15分で到着する。
館内展示室ではパネルやジオラマで箕面に生息する様々な昆虫を紹介している。
順路に沿って「昆虫の仲間たち」「昆虫のくらし」「昆虫のコミュニケーション」「特別展示」「箕面の自然」「水生昆虫」などテーマ毎に分類され、わかりやすい。
他に、蝶が一年中舞い飛ぶ放蝶園、1,700種7,000点の昆虫標本の展示室なども。
大人から子供まで楽しく学べるように、触ったり、音やにおいで体感できる工夫もある。
新緑と紅葉の名所として名高い箕面の大滝にも近い。
住所  :大阪府箕面市箕面公園1-18
TEL   :072-721-7967

川西園
自然が豊かな箕面市上止々呂美にある観光農園「川西園」。
ここでは、芋掘りや椎茸狩りなど体験できる。コンロを貸りられるので、収穫したしいたけをその場で食べることもできる。
また、材料を持ちこんでのバーベキューも可能。
住所  :大阪府箕面市上止々呂美492
TEL   :072-739-0609

瀧安寺
「箕面寺秘密縁起」によると、孝徳天皇の白雉元年(650年)、役行者が箕面の滝で修行中、龍樹菩薩より法を授けられ、滝の下で不動明王と弁財天の像を刻んで堂宇に安置したと伝えられ、古くは箕面寺と呼ばれた。
本尊の弁財天は竹生島、江の島、宮島のものと共に日本四弁財天のひとつ。
約400年前に「箕面の福富」を発行したことから、宝くじ発祥の寺としても知られる。
当時は正月七日に、大きな富箱のなかにある札を僧侶が長い錐で突いて引き、当選者に護符を授与したようだ。
その様子は「摂津名所図絵」にも描かれている。
山岳修験道の根本道場でもあり、7月には全国から山伏が集まって古式に乗っ取った大護摩供が行われる。
住所  :大阪府箕面市箕面公園2-23
TEL   :072-723-1885

萱野三平旧邸
元禄時代、赤穂浪士の一員として名を連ね、俳人としても高い評価を受けていた萱野三平は、仇討ちに反対する父・重利に対する孝行心と、主君浅野内匠頭への忠義心との板挟みとなり、27歳の若さで自刃した。
阪急バス「萱野三平前」停下車すぐ、箕面市萱野3丁目の旧西国街道沿いにある生家跡は、明治期に家屋は取り壊されたものの、三平が切腹したと伝えられる長屋門と土塀の一部が保存され、現在、大阪府指定史跡に指定されている。
旧邸内の北西隅には、辞世の一句「晴れゆくや日ごろ心の花曇り」を刻んだ句碑がひっそりと建つ。
また、三平の俳号を冠した施設「涓泉亭」では関連史料を展示している。
住所  :大阪府箕面市萱野3-10-4
TEL   :072-724-7201

 

 

グルメ 情報

●Mother Moon Cafe* 千里店
千里で女性に人気のリラクゼーションカフェ
住所  :大阪府箕面市船場東1-9-32

●洋食 フェリーチェ 箕面
5日間かけて作ったデミグラスソースが自慢の洋食店
住所  :大阪府箕面市箕面6-1-32-103

●翔龍坊
オーダーバイキングで真の中華を食べ放題!
満腹感たっぷり味わえる。
住所  :大阪府箕面市粟生新家1-2-2

●田楽 箕面
気軽にお食事メインで楽しめるお店。
カレーがおすすめの居酒屋!
住所  :大阪府箕面市桜1-1-1

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●箕面温泉 箕面観光ホテル
大江戸温泉物語グループの宿 箕面観光ホテル
大阪平野を一望、約7万㎡の敷地に建つ224室の天然温泉湧く高原リゾートホテル。

●伏尾温泉 不死王閣
大阪市内から車で30分。
目の前の五月山がもてなす、大阪とは思えない自然の景色。
温泉や自慢の料理のほか、エステや岩盤浴などリラクゼーションサービスもご好評いただいてます!

●摂津峡花の里温泉 山水館
大阪・京都市内ともに約40分と、お手軽に本格的な温泉と川魚・野趣料理が楽しめる。
高槻芥川沿いの名勝摂津峡の中にたたずむ一軒宿。
渓谷を眼下に臨む露天風呂や桜や新緑、紅葉等四季を通じて楽しめる。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,