【保存版】西国三十三所巡礼 『二番札所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【二番札所】金剛宝寺 護国院(紀三井寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)

西国三十三所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)

 

 

 

【二番札所】金剛宝寺 護国院(紀三井寺)

『二番札所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)』歴史

宝亀元年(770年)、唐僧の為光が、日本各地を行脚していた時、名草山山頂から一筋の光が発せられているのを見ました。
光の元をたどって名草山に登った為光は、そこで金色の千手観音を感得しました。
為光は自ら十一面観音像を彫刻し、胎内仏としてその金色千手観音像を奉納し、草堂を造って安置し、千手観音を秘仏として納めたたのが紀三井寺の始まりといいます。
名草山に三つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)があることから「紀三井山」という山号になったといわれますが、『紀伊続風土記』では付近の旧地名「毛見(けみ)」が転じたものと伝えています。

室町時代には西国三十三所や熊野参詣の隆盛により、多くの参詣者が訪れました。
中世の紀三井寺は多くの僧侶・子院が一体混然として一山を形成する一山寺院であって、妻帯僧が寺僧となり本堂脇には造営・修造のための勧進を担う穀屋(今日の穀屋寺)があったといいます。
穀屋は比丘尼寺であって、観音御影や牛玉宝印の木版を所持し、参詣者に配札していました。

穀屋寺には複数の勧進関連の文書が伝来します。
文安6年(1449年)の勧進状は、嘉吉元年(1441年)に何らかの壊滅的打撃(南朝残党と守護畠山氏の衝突による兵火)があったことを示唆する内容が記され、諸堂を再建したものの未成であった多宝塔復興のための勧進でした。
大永2年(1522年)の勧進状では、堂舎修理のための勧進を仰いでおり、堂塔の再興修復が穀屋によって担われてきたことが分かります。
また、元禄11年(1698年)の「穀屋寺移転ニ付口上書」は、穀屋比丘尼の春古は秀吉の紀州攻めに際して、秀吉との直接交渉に臨んで山内安堵の証文を得たことにより焼討を回避した(天正13年〈1585年〉)と伝えており、このように積極的な活動を示した穀屋は、他の諸寺社にも見られるように堂舎の再興修復を通じて、それまで以上に大きな役割を果たし、寺内における地位を高めました。

秀吉の紀州攻めの翌年、天正14年に本願坊が創建され、のちに明暦年間(1655年~1658年)に護国院と改称しました。
紀三井寺では、宝永2年(1705年)に穀屋が山麓の楼門外に移転させられ、宝暦3年(1735年)には紀三井寺と本末関係が結ばれて、かつては寺内の子院であった穀屋はいち末寺に格下げされたいうことです。

現在、境内は関西一の早咲き桜として有名で、観桜の名所として名高く、「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

Wikipedia より抜粋

 

 

『二番札所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)』基本情報

札所番号:第二番
山号寺号:紀三井山 金剛宝寺 護国院(きみいさん こんごうほうじ ごこくいん)
通称  :紀三井寺
宗派  :救世観音宗(総本山)
開基  :為光上人
創建  :宝亀元(770)年
御本尊 :十一面観世音菩薩
御詠歌 :ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん

拝観料 :大人一人200円 70歳以上・子供100円
拝観時間:8:00〜17:00
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:8:00〜17:00
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月1日~3日    :初詣
1月18日      :初観音(大般若)
2月3日       :節分(豆まき)
旧暦初午の日    :大投餅
3月18日~1週間   :春季彼岸会
3月20日・4月20日  :桜祭り(観光)
4月13日前後の日曜日:十三詣
4月18日      :春大会式
5月18日~24日   :水子供養会
7月7日       :七夕祭り
8月9日       :千日詣
8月15日      :灯口一供養
8月24日を含む日程 :地蔵流し と 四国霊場巡拝
8月20日~1週間   :秋季彼岸会
11月13日      :開山忌
12月18日      :しまい観音
毎年5月と11月   :西国霊場巡拝

●特別拝観
3月26日~5月5日   :本堂内陣特別拝観
※4月11日~5月5日は土・日・祝日のみ

 

 

『二番札所 金剛宝寺 護国院(紀三井寺)』アクセス

 

住所  :和歌山県和歌山市紀三井寺1201
電話  :0734-44-1002

【マイカーの場合】
●大阪方面から
 阪神高速または近畿自動車道,阪和自動車道利用し和歌山ICで下りて
 宮街道を和歌山市内方向へ進みJRの高架下をくぐりすぐ先の交差点(田中町)を左折し国体道路を約4Km。
 
●串本・白浜方面から
 国道42号線を和歌山方面に北上し、湯浅御坊道路、海南湯浅道路、阪和自動車道を進み海南ICで下りて国道42号線を和歌山市方面に北上。

駐車場 :有 (寺営の駐車場)
駐車料金:3時間 300円

【公共交通機関の場合】
●京阪神・関西航空方面より
 JR線
 和歌山駅より紀勢本線(きのくに線)乗り継ぎ、普通電車南方面へ
 2駅目紀三井寺駅下車徒歩10分

 南海電鉄
 和歌山市駅より和歌山バス海南方面行き乗車
 紀三井寺バス停下車徒歩10分

●高野山方面から
 高野山-橋本(JR和歌山線乗り換え)-和歌山駅。

●新宮・那智・勝浦方面から
 新宮-那智-勝浦(JRきのくに線)-海南駅(乗り換え)-紀三井寺駅下車。

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『金剛宝寺 護国院(紀三井寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

和歌山城
天正13年(1585)豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。
徳川家康の第十男頼宣が入城して城郭の大改修を行ない、明治維新までの250年間徳川御三家の居城として偉容を誇り、その天守閣の華麗な姿は維新後においても国宝に指定されていたが惜しくも戦災により焼失した。
現在の天守閣は、昭和33年再建されたものであるが、静水を湛える内堀や城郭を巡らす石垣は400年の歴史をそのままに伝えて居り、往時の隆盛を偲ばせるに充分な遺構である。
徳川吉宗(1684-1751)でも有名。
住所  :和歌山県和歌山市一番丁3番地

和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパ・黒潮市場
和歌山のおだやかな気候と美しい海岸線、恵まれた自然につつまれた人工島リゾート。
地中海の港街をイメージしたテーマパーク「ポルトヨーロッパ」、国際級マリーナ、海釣り公園、天然温泉施設(天然紀州黒潮温泉)、リゾートホテルなど複数のエリアで構成され、多彩な施設が充実。
住所  :和歌山県和歌山市毛見1527

友ケ島
地ノ島,虎島,神島,沖ノ島の四島を総称していう。
晴れの時には、淡路島まで見渡せます。
島は、明治時代から第二次世界大戦まで、軍事要塞として使用されていました。
現在でも、その歴史を彷彿とさせる砲台跡などがあります。
旅館3店舗あり。(営業については、要確認)
住所  :和歌山県和歌山市加太

 

 

グルメ 情報

●YAKITORI工房五み’ずきっちん
創作焼き鳥のおいしいお店。
アットホームな店内で行きやすいお店です。
住所:和歌山県和歌山市紀三井寺738

●レスポワール
ステーキハウスですが、お昼はお得なランチメニューがあります。
住所:和歌山県和歌山市紀三井寺681-3

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●紀州 和歌の浦温泉
和歌山市郊外に位置する和歌の浦は、古くから美しい風景で多くの人に愛されてきた景勝地。
もともとは弱浜(わかはま)と呼ばれていたようですが、風光明媚な景観にちなんで明光浦(あかのうら)と名称を改め、転じて「若の浦(和歌の浦)」と呼ばれるようになったとか。
奈良時代には和歌の浦遊覧を目的にした行幸が開始され、和歌にもその名がしばしば登場します。
なかでも万葉歌人・山部赤人の「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る」の歌は有名です。
湾近くにある片男波公園には、和歌の浦ゆかりの歌碑が並んだ「万葉の小路」が約280mにわたって続き、歴史の香りを感じさせます。
もちろん和歌の浦を一望できる眺望も見事で散策にぴったりです。

●南紀椿温泉
自然遺産・文化遺産に恵まれている和歌山県。
南紀白浜として知られる白浜町は古くから湯治場として発展してきた町で、現在も年間通して多くの観光客が訪れます。
南紀椿温泉は「白浜温泉の奥座敷」と呼ばれていて、ひっそりとした温泉地ですが、シラサギが当地のお湯に浸かったところ、足の傷が癒えたとのことで、『紀伊続風土記』(天保10年)にはすでに名湯として紹介されていたといいます。
宿泊施設には湯治プランなどもあり、pH9.9の強アルカリ天然温泉にはリピーターも多いということです。
また近年では当地に湯治に訪れていた方の寄付により無料の足湯も開設されました。
白浜の海をゆったりと散策したら、疲れた翼を休めたい、そんな南紀椿温泉です。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,