【保存版】西国三十三所巡礼 『十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【十二番札所】岩間山 正法寺 (岩間寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)

西国三十三所 十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)

 

 

 

 

【十二番札所】岩間山 正法寺 (岩間寺)

『十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)』歴史

滋賀県大津市と京都府宇治市の境にある標高443mの岩間山中腹に位置し、岩間山正法寺と称する。
西国三十三所第十二番、ぼけ封じ近畿十楽 観音霊場第四番札所、びわ湖百八霊場湖西二十七古刹第二番。

養老六年(722年)、加賀白山を開いた泰澄大師が元正天皇の33歳の大厄の病を法力により治した褒美として建立したことに始まる元正天皇の勅願寺院である。
往昔は、後白河(ごしらかわ)・後宇多(ごうだ)・正親町(おおぎまち)天皇等歴代天皇の尊崇厚く熊野、吉野に並ぶ、日本三大霊場の一として隆盛していた。

養老六年元正天皇の病気平癒祈願を成満した泰澄は、同年、加賀白山を開く途上、霊地を求め岩間山を訪れた折、桂の大樹より千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻み、元正天皇の御念持仏をその胎内に納め祀りご本尊とした。

ご本尊は、毎夜日没とともに厨子を抜け出て百三十六地獄を駆け巡り、苦しむひとびとを悉く救済し、日の出頃、岩間山へ戻られた時には汗びっしょりになられているので、そのお姿から「汗かき観音」さんと呼ばれている。

また、泰澄大師が当地に伽藍建立の際、たびたび落ちる雷に困り果て、ご自分の法力で雷を封じ込め、落ちる訳を尋ねられたところ、雷は大師の弟子になりたいのだと申し出た。
大師は快く雷を弟子にし、その代わりに岩間寺に参詣の善男善女には、雷の災いを及ぼさないことを約束させた。
これが「雷除け観音」とよばれる由縁で、毎年四月十七日には、雷除け法要(雷神祭)が奉修され、多くの参詣者で賑わう。

この雷は、水の乏しい寺のために、自らの爪で井戸を掘ったという。
この"雷神爪堀湧泉"と呼ばれる霊泉には元正天皇御製の、「沸きいづる 岩間の水はいつまでも つきせぬ法の み仏の影」という歌が伝えられている。

また、『観音霊験記』によると、江戸時代の俳聖松尾芭蕉は、岩間寺に参籠してご本尊の霊験を得、その俳風を確立したと言われており、本堂横手には芭蕉が「古池や蛙とびこむ水のおと」を詠んだと伝えられている"芭蕉の池"が残っている。

西国第11番の醍醐寺とは本末関係にあり、鎌倉時代に編纂された『醍醐雑事記』には醍醐寺末寺の筆頭「石間寺」として挙げられているなど、正法寺は法界寺とともに醍醐寺から僧侶が直接法会法式を行う別院として、醍醐寺の庇護を受けていた。
このことは明治の寺院調査の記録にも記載されているが、正法寺が醍醐寺より禄を受け運営の資としていたことからも明瞭である。
さらに現在の本堂は醍醐寺理性院尭助僧正が、正親町天皇の御願を受け、天正5年(1577)に建立されたもので、以降、理性院が管理に大きく携わっていたことが『正親町天皇宸翰女房奉書(理性院宛)」、『妙法院門跡日記』などより知られている。
また、住職もその多くが近世に至るまで醍醐寺内より選ばれて就任し、護持に尽力してこられている。

岩間山正法寺縁起 より抜粋

 

 

『十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)』基本情報

札所番号:第十二番
山号寺号:岩間山 正法寺(しょうほうじ)
通称  :岩間寺
宗派  :真言宗醍醐派
開基  :泰澄大師
創建  :養老6(722)年
御本尊 :千手観世音菩薩
御詠歌 :みなかみは いづくなるらん いわまでら きしうつなみは まつかぜのおと

拝観料 :500円

拝観時間:9:00~16:30

納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円

納経時間:9:00~16:30

※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
元旦    :修正会
1月1日~3日:福茶接待
1月17日  :初観音
2月3日   :星供
3月17日  :泰澄大師開山忌
4月17日  :雷除法要
5月17日  :ぼけ封じ祈願会・ほうろく灸・柴灯護摩供・火渡り式
8月17日  :施餓鬼会・精霊送り・護摩供
9月17日  :千日会
10月17日  :ぼけ封じ祈願会・ほうろく灸・柴灯護摩供・火渡り式
11月17日  :万体観音供養会
12月17日  :終観音・ぼけ封じ健康長寿大根焚き
12月31日  :除夜の鐘
毎月17日  :ご本尊御縁日

●特別拝観
3月1日~  :本堂内 礼拝

 

 

『十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)』アクセス

住所  :滋賀県大津市石山内畑町82
電話  :0775-34-2412

【マイカーの場合】
●京都・大阪方面より
京滋バイパス石山ICから約10分
名神高速 瀬田西ICから約15分

●名古屋方面より
名神高速 瀬田東ICから約15分

駐車場 :有り 平日 20台駐車可
     ※ご縁日の毎月17日は駐車場がバス専用となります。
駐車料金:無料

【公共交通機関の場合】
●JR・京阪電車石山駅より
京阪バス(52)(53)(54)系統
中千町 下車徒歩約50分

毎月17日のご縁日は、JR・京阪石山駅よりシャトルバスを運行しています。

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『十二番札所 岩間山 正法寺 (岩間寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

延暦寺
伝教大師最澄が比叡山に草庵を結んだことに始まる天台宗総本山。
標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、日本仏教の母山と言われています。
広大な寺域は100余りの建造物があり、延暦寺の総本堂である根本中堂(国宝)や大講堂などがある「東塔」、最澄作の釈迦如来を本尊とする釈迦堂やにない堂などがある「西塔」、横川中堂や元三大師堂などがあり、静寂に包まれた「横川」の三つのエリアに分かれています。
戦国時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉や徳川家康などにより復興され、平成6年に世界文化遺産に登録されました。
住所  :滋賀県大津市坂本本町4220
TEL   :077-578-0001

琵琶湖 柳が崎湖畔公園
滋賀県の面積の1/6を占める日本最大・最古の湖。
クルージングやボート遊び、湖沿いをゆったり散策したり雄大な自然の中でたくさんのレジャーが楽しめます。
1950年国定公園に指定されたのを機に選定された琵琶湖八景の風光明媚な景観は、多くの詩歌や絵画にも表されています。
住所  :滋賀県大津市柳が崎5
TEL   :

石山寺
良弁開山の東寺真言宗大本山で西国三十三霊場第13番の観音霊場。
諸堂宇は景勝地の自然と調和している。
境内は巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建てられており、寺名の由来となっている。
住所  :滋賀県大津市石山寺1丁目1-1
TEL   :077-537-0013

びわこ花噴水
びわ湖観光の玄関口である大津港沖にあり、長さ440mの世界最大級の噴水。
様々な形に変化しながら最高40mの高さまで噴き上がります。
昼には涼感を満喫でき、夜はグリーン、オレンジ、クリアの3色にライトアップされ、幻想的な夜景を楽しめる人気スポット。
住所  :滋賀県大津市大津港地先
TEL   :

琵琶湖遊覧船 ミシガンクルーズ
琵琶湖の遊覧を楽しめる様々なコースがあります。
最上階のスカイデッキから眺める湖上のパノラマは陸では味わえない迫力です。
おいしい食事や楽しいイベントと共に琵琶湖の魅力を満喫できます。
住所  :滋賀県大津市浜大津5丁目1-1
TEL   :077-524-5000

 

 

グルメ 情報

●三井寺力餅本家
明治創業以来、同じ場所で『三井寺力餅』を作り続ける老舗。
伝統の技法で作られる餅は素朴な味。
お餅を柔らかく食べてもらおうと本店では全て注文を受けてから作られる。
とっても柔らかく、きな粉の香ばしい風味が食欲をそそる。
2階では大津絵を見ながら、お茶と一緒にお餅もゆっくりと食べる事ができる。
きな粉の風味と柔かな餅大津名物『三井寺力餅』
住所  :滋賀県大津市浜大津2-1-30

●李朝園 大津一里山店
サムギョプサル・韓国料理の旨い店
住所  :滋賀県大津市一里山7-1-1フォレオ大津一里山1F

●けん 大津柳が崎店
ステーキハンバーグ&サラダバー
リーズナブルでおなか一杯!
住所  :滋賀県大津市柳が崎3-6

●かねよ
明治5年創業の歴史あるうなぎ屋。
厳選された国産のうなぎが頂ける。
風格のある落ち着いた店内には個室もあり会合や宴会にも最適。
住所  :滋賀県大津市大谷町23-15

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●石山温泉
瀬田川畔に湧く滋賀県の老舗的温泉。
紫式部が『源氏物語』の構想を練った地と伝わるほか、聖徳太子や空海などにゆかりある史跡が点在。
数軒の温泉旅館が石山寺の門前町に並んでいる。
住所  :滋賀県大津市石山寺1丁目3-15

●おごと温泉
おごと温泉は滋賀県琵琶湖の西に位置し、比叡山の御膝元、また、京都に一番近い温泉地として親しまれてきました。
比叡山の伝教大師、最澄によって開かれたおごと温泉は、大正時代には本格的な温泉地として開発され現在に至ります。
泉質はph値9.0と、高いアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性や疲労回復に効き、入浴後の肌質がなめらかになります。
おごと温泉の旅館やホテルは全て、水道水を混ぜる事なく、源泉を使用したお湯を引いています。
住所  :滋賀県大津市雄琴

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,