【保存版】西国三十三所巡礼 『十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【十一番札所】深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)の情報を紹介致します。

西国三十三所 十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)

西国三十三所 十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)

 

 

 

 

【十一番札所】深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)

『十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)』歴史

醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けた。
醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験者の霊場として発展した後、醍醐天皇は醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を掛け、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになる。
その後、応仁の乱など戦乱で下醍醐は荒廃し、五重塔のみが残された。
しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに、紀州などから寺院建築が移築されたり三宝院が建設されたりなどし、今日の姿となった。

Wikipedia より抜粋

『十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)』基本情報

札所番号:第十一番
山号寺号:深雪山 上醍醐寺 准胝堂(だいごじ)
通称  :
宗派  :真言宗醍醐派(総本山)
開基  :聖宝理源大師
創建  :貞観16(874)年
御本尊 :准胝観世音菩薩
御詠歌 :逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな

拝観料 :3か所共通券(三宝院・霊宝館・伽藍)
     一般 800円、中学・高校生 600円、小学生以下は無料
     ※春期・秋期・・・3月20日~5月15日・10月15日~12月10日
     一般 1500円、中学・高校生 1000円、小学生以下は無料

拝観時間:9:00~17:00 (3月1日から12月第1日曜日までの期間)
     9:00~16:30 (12月第1日曜日の翌日から2月末日までの期間)
     ※拝観券の発券は閉門1時間前まで(各所入場は閉門30分前まで)

納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円

納経時間:9:00~17:00 (3月1日から12月第1日曜日までの期間)
     9:00~16:30 (12月第1日曜日の翌日から2月末日までの期間)
     ※納経最終受付は閉門時間の1時間前まで

※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

◆4年間行事・特別拝観

●年間行事
1月6日             :初聖宝会
2月3日             :節分会星祭
2月15日~21日          :五大力尊仁王会前行
2月23日             :五大力尊仁王会大法要
3月春分の日           :春季彼岸会中日土砂加持大法要
5月15日            :准胝観世音菩薩曼荼羅供大法要
7月6日             :開山忌
8月5日             :醍醐山万灯会
8月6日             :竪義会 虫除け虫封じ祈願法要
9月秋分の日          :秋季彼岸会法要
毎日午前10時30分と午後2時   :観音堂でお勤め(観音経・般若心経)を読誦しております。
毎月29日(閏年以外の2月は28日):五重大塔開扉納経法要

●特別拝観
3月下旬~5月予定:国宝 虚空蔵菩薩像公開 (於 下醍醐 霊宝館)

 

 

『十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)』アクセス

住所  :京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話  :075-571-0002

【マイカーの場合】
名神高速 京都東ICより
五条通り→外環状線→醍醐街道→旧奈良街道→醍醐寺

駐車場 :有(下醍醐に約150台)
駐車料金:700円~

【公共交通機関の場合】
JR山科駅から地下鉄東西線約8分・醍醐駅2番出口から観音堂まで徒歩約20分。
JR京都駅八条口ホテル京阪前から京阪バス山急乗車、醍醐寺下車観音堂まで徒歩15分。
JR六地蔵駅から地下鉄東西線約4分・醍醐駅2番出口から観音堂まで徒歩約20分。
JR山科駅・六地蔵駅から京阪バス乗車、醍醐寺前下車、観音堂まで徒歩約15分。

京阪バス《山科急行》で、京都駅から醍醐寺まで、乗り換えなしで約30分!
※京都駅八条口(ホテル京阪前)から醍醐寺まで、大人300円・小児150円

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『十一番札所 深雪山 上醍醐寺 (准胝堂)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

伏見稲荷大社
全国3万社ある稲荷神社の総本宮。
重厚な社殿・摂末社が建ち並び、五穀豊穣、商売繁盛の神として庶民信仰を集める。
本殿背後より奥社に通じる参道には数多くの朱塗りの鳥居が“千本鳥居”と呼ばれ有名である。
住所  :京都府京都市伏見区深草藪之内町68
TEL   :075-641-7331

月桂冠大倉記念館
伏見の町のいたるところで見かける酒蔵は、伏見の象徴的存在だ。
その中でも、古い歴史を誇るのが月桂冠の大倉酒造。
その本社近くには、土蔵造の建物を利用して造られた、大倉記念館が立つ。
ここでは酒造りのプロセスを映像と展示パネルで解りやすくガイドするほか、昔、酒造りに使ったという道具などを展示。
利き酒もさせてくれ帰りには日本酒のみやげも。
住所  :京都府京都市伏見区南浜町247
TEL   :075-623-2056

城南宮
方除けの神として崇敬され、境内に名園楽水苑がある。春秋の「曲水の宴」「しだれ梅」がよく知られている。
住所  :京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL   :075-623-0846

御香宮神社
貞観時代に香水が湧き出したことから名づけられた、御香水は環境省名水百選の一つ。
五間社流造りの本殿ほか桃山時代の建物が並ぶ。
神功皇后を祀る。
鳥羽伏見の戦いでは、新政府軍(薩摩藩)の陣所となり、南側の伏見奉行所の幕府軍(新選組 会津藩)と対峙した。
住所  :京都府京都市伏見区御香宮門前町174
TEL   :075-611-0559

寺田屋
幕末の舞台となったことで有名です。
鳥羽伏見の戦いで残念ながら焼失し、再建されたといわれています。
住所  :京都府京都市伏見区南浜町263
TEL   :

 

 

グルメ 情報

●阿闍梨寮 寿庵
醍醐寺境内でもひときわ紅葉の美しい林泉・弁天堂を臨む『寿庵』は、かつて高僧が宿舎としていた落ち着いた佇まいのお休み処です。
TEL   :075-572-7878

●串八 新堀川店
串かつ60種以上、焼きとり30種以上と豊富。
1本1本にこめた情熱を、存分に堪能出来る。
住所  :京都府京都市伏見区竹田松林町50

●玄屋
粕汁が大好き!という店長が発案した『酒粕拉麺(さけかすラーメン)』は酒処・伏見ならではの味覚。
鶏ガラと豚骨の合わせダシに酒粕を溶いたスープは一見、味噌ラーメンのよう。
でも香り高く、ほんのり甘いのは酒粕ならではの風味。
店内はとてもくつろげる雰囲気。
他に醤油ラーメンやカレー味ラーメンも。
酒の街ならではの珍品『酒粕拉麺』
住所  :京都府京都市伏見区東組町698 パークテラス桃山1階

●祢ざめ家
名物「うなぎ丼」「いなり寿し」「うずら焼き」の名店。
祢ざめ家の名をつけたのは、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。
秀吉が、母の健康を祈願するため、朝早く伏見稲荷大社を訪れたときに、さかのぼります。
参拝を終えた秀吉が休憩しようとしましたが、早朝のため、どのお店もあいていません。
ただこの店だけがあけており、ここでお茶を飲んだ秀吉は、たいそう喜んだそうです。
そこで秀吉は、店に「ねざめや」という屋号をつけ、しかも「ね」の文字には妻の“祢々(ねね)”の「袮」を与えました。
500年経った今でも、袮ざめ家は変わらず、この地で伏見稲荷大社の参拝客をお迎えしています。
住所  :京都府京都市伏見区深草稲荷御前町82-1

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●嵐山温泉
京都屈指の観光スポットであり、有名寺院などが数多くあり、周辺の散策には事欠かない。現在は5件の宿が温泉を引いている。
平安時代から貴族の別荘地として当地は栄えた。
温泉地としての歴史は、大正時代から温泉旅館の嵐峡舘(現在:星のや京都)などをはじめ、2-3件の温泉宿が存在しているが、あまり有名な温泉地とは言えなかった。
このため近年2004年(平成16年)、地域活性化の一環として源泉を再ボーリングをしたことに始まる。

●桃山温泉
メタケイ酸を多量に含む単純硫化水素泉で入ってみれば納得。
やわらかいお湯でよく温まり、お肌がツルッとします。
神経痛やリウマチにも効果的です。

●貴船温泉
豊かな自然に包まれた京都の奥座敷、貴船。
夏の川床、秋の紅葉など鮮やかな四季の光景に加えて、趣向を凝らした良質な天然温泉の湯をでゆっくりと流れる時間を味わいリラックス。
京都の旬の食材を取り入れた日本料理のコースや鍋料理、気軽な麺類まで、季節に合わせた献立が用意されています。
お食事だけのご利用も可能です。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,