【保存版】西国三十三所巡礼 『十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【十番札所】明星山 三室戸寺 (御室戸寺)の情報を紹介致します。

西国三十三所 十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)

西国三十三所 十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)

 

 

 

 

【十番札所】明星山 三室戸寺 (御室戸寺)

『十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)』歴史

創建伝承
寺伝によれば、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものという。
創建と本尊に関しては次のような伝承がある。
天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、右少弁(右少史とも)藤原犬養なる者に命じて、その光の元を尋ねさせた。
犬養がその光を求めて宇治川の支流志津川の上流へたどり着くと、滝壺に身の丈二丈ばかりの千手観音像を見た。
犬養が滝壺へ飛び込むと1枚の蓮弁(ハスの花びら)が流れてきて、それが一尺二寸の二臂の観音像に変じたという。
光仁天皇がその観音像を安置し、行表を開山として創建したのが当寺の起こりで、当初は御室戸寺と称したという。
その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。

平安時代以後
以上のように、当寺の創建伝承については伝説的色彩が濃く、創建の正確な事情についてははっきりしない。
園城寺(三井寺)の僧の伝記を集成した『寺門高僧記』所収の僧・行尊の三十三所巡礼記は、西国三十三所巡礼に関する最古の史料であるが、これによると、11世紀末頃に行尊が三十三所を巡礼した時は、三室戸寺は三十三番目、つまり最後の巡礼地であった。
寺は康和年間(1099 - 1103年)、三井寺の僧隆明によって中興されたという。
その後寛正年間(1460 - 1466年)の火災で伽藍を失い、再興されたものの、天正元年(1573年)には織田信長と争った足利義昭に加勢したため焼き討ちされる。
現存する本堂は江戸時代後期の文化11年(1814年)に再建された。

Wikipedia より抜粋

 

 

『十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)』基本情報

札所番号:第十番
山号寺号:明星山 三室戸寺(みむろとじ)
通称  :御室戸寺、あじさい寺
宗派  :本山修験宗
開基  :行表和尚
創建  :宝亀元(770)年
御本尊 :千手観世音菩薩
御詠歌 :夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波

拝観料 :一般 500円、子供 300円
拝観時間:8:30~16:30 (4月1日〜10月31日)
     8:30~16:00 (11月1日〜 3月31日)
     ※拝観最終受付は閉門時間の30分前まで
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:8:30~16:30 (4月1日〜10月31日)
     8:30~16:00 (11月1日〜 3月31日)
     ※納経最終受付は閉門時間の30分前まで

※ 年末休み (12月29,30,31日)
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
毎月17日    :宝物館一般公開
4月下旬~5月中旬:ツツジ・シャクナゲ園 公開
6月上旬~7月上旬:アジサイ園 公開
7月上旬~8月上旬:ハス公開
7月上旬     :ハス酒を楽しむ会
8月9日     :千日まいり
11月下旬    :観音様の足の裏を拝する会

●特別拝観
4月1日~4月30日:宝物館特別拝観

 

 

『十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)』アクセス

住所  :京都府宇治市莵道滋賀谷21
電話  :0774-21-2067

【マイカーの場合】

●大阪方面より
京滋バイパス宇治西ICを利用して下さい。

京滋バイパス宇治東ICより3分

駐車場 :有(300台)
駐車料金:普通車まで:500円

【公共交通機関の場合】
●電車
京阪 三室戸駅下車、徒歩15分
JR宇治駅よりバスもしくはタクシー

※各駅からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『十番札所 明星山 三室戸寺 (御室戸寺)』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

宇治市源氏物語ミュージアム
平安貴族にとって、宇治は別業(べつごう=別荘)の地でした。舟遊びや紅葉狩りなどの遊びの地であるとともに、魂の安らぐ宗教的な地でもありました。
宗教的な面が強かったのは、平安時代中ごろに栄華の頂点を極めた、藤原氏の墓地があったためです。
多くの別業では、貴族たちが御堂(みどう=持仏堂・自分の守り本尊を安置するお堂)にこもり、仏に祈るといった時間を持ちました。
また『源氏物語』が執筆されたと考えられる年代よりも後になりますが、世界遺産である平等院も藤原頼通(よりみち)が父・道長(みちなが)から譲り受けた別業を寺院に改めたものです。
和歌においても宇治は「宇治=憂(う)し」の掛詞(かけことば)として、古くからひんぱんに用いられてきました。
このように、宇治は平安貴族にとって身近な土地でありました。
こうした背景のもと、宇治は『源氏物語』最後の舞台として選ばれたと考えられます。
「橋姫」で始まり「夢浮橋」で終わる「宇治十帖」では、「京から宇治へ」「光源氏からその子・薫へ」と時空が移ることを「橋」で暗示し、「華やかさと静けさ」「此岸(しがん)と彼岸」など宇治の持つ対照的な要素も加えることで、物語が「春から秋」「昼から夜」の世界へと転じていくことを表したと言えるでしょう。
住所  :京都府宇治市宇治東内45-26
TEL   :0774-39-9300

●十八神社
三室戸寺の鎮守として建立。室町期の本殿は重要文化財。
住所  :京都府宇治市菟道滋賀谷21
TEL   :

平等院
平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。
「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。
大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。
二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。
「鳳凰堂」の前には池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、創建当初は宇治川や、対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を現したものといわれ、各地の寺院造営に影響を与えました。
1994年に世界遺産に登録されました。
住所  :京都府宇治市宇治蓮華116
TEL   :0774-21-2861

宇治上神社
明治時代までは、隣接の宇治神社と二社一体で「離宮上社」と呼ばれていました。
祭神は、応神天皇とその皇子莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)及び兄の仁徳天皇とされています。
境内正面の拝殿は鎌倉初頭のもので、寝殿造りの様式を伝えています。
特に縋破風(すがるはふ)といわれる手法を用いた屋根の美しさは格別です。
本殿は、平安時代後期に建てられた現存するわが国最古の神社建築です。
三棟の内殿を一列に並べて、共通の覆い屋で覆った特殊な形式の建物で、左右の社殿にある蟇股(かえるまた)も建築年代を示すものとして重要です。
境内にはその他、鎌倉時代に建てられた春日神社などの摂社や、宇治七名水のひとつ「桐原水」があります。
1994年に世界遺産に登録されました。
住所  :京都府宇治市宇治山田59
TEL   :0774-21-4634

白山神社
8世紀後半に疱瘡が流行した時に、その治癒を願って創建されたと伝えられていますが、やがて四条宮寛子(しじょうのみやかんし)が建立したといわれる金色院の鎮守社となりました。
祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)で、木造坐像を祀っています。
10月18日の例祭の前夜に行われる「百味の御食(ひゃくみのおんじき)」は独特の行事です。
住所  :京都府宇治市白川娑婆山16
TEL   :

 

 

グルメ 情報

●伊藤久右衛門
古くから創業している宇治茶専門店。
日本茶の楽しみ方を十二分に心得ているこちらの茶房では、湯冷ましの器をはじめ、一式でサーブしてくれる玉露、抹茶が添えられるアイスクリーム、さらには本格宇治茶そばなどを味わうことができる。
販売スペースでは試飲も可能だ。上手なお茶のいれ方も教えてもらえる。
本格宇治茶を味わってお茶の楽しみ方を知ろう
住所  :京都府宇治市菟道荒槙19-3

●乃奈加 宇治
こだわりの寿司店
住所  :京都府宇治市莵道田中35-5

●お好み焼きは ここやねん 宇治三室戸店
お好み焼&焼きそば&もんじゃ&鉄板焼き
住所  :京都府宇治市莵道田中30番地-11

●京都宇治式部郷 宇治本店
源氏物語ゆかりあられ専門店
住所  :京都府宇治市菟道荒槇38-6

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●上方温泉 一休京都本館
宇治市のすぐお隣、城陽市にある「上方温泉 一休 京都本館」もぜひ選択肢に加えたい温泉スポットです。
3,000坪という広大な敷地に広がる邸宅と日本庭園を備えるこちら。
樹齢100年を超える松の木や人工滝、周囲の山々を眺めながらの露天風呂につかれば、なんとも言えず贅沢な気分になれるはず。
肌にまとわりつくようなアルカリ性単純泉は“美人の湯”とも呼ばれ、施設内にいる限りは再入浴OKなのもうれしいところ。

●わかさぎ温泉 笠置いこいの館
宇治市内から40分ほど車を走らせると、木々が生い茂る大自然の景色に! 
そんな抜群の環境にあるのが「わかさぎ温泉 笠置いこいの館」です。
実は2014年に一度閉鎖されてしまった公共施設ですが、多くの人の要望で復活を果たしました。
地下1,200メートルから湧き出す温泉はナトリウム-炭酸水素塩化物泉。
一度つかれば肌がつるつるになるのを実感できる良質の温泉が楽しめます。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , , ,