【保存版】西国三十三所巡礼 『一番札所 那智山 青岸渡寺』の気になるお役立ち情報

      2017/05/31

 

西国三十三所 青岸渡寺

 

 

いくつかある日本国内の巡礼の中でも、歴史が最も古いとされているのが『西国三十三所巡礼』です。
『西国三十三所巡礼』は今も昔も、信仰を大切に思い、またより信仰を深めようと霊場を訪れる参拝者が後を絶ちません。
特に、巡礼者が多い『西国三十三所』には、宗教や歴史を感じさせる国宝や重要文化財、貴重な寺宝が大切に保管されています。
今回は西国三十三所【一番札所】那智山 青岸渡寺の情報を紹介致します。

西国三十三所 青岸渡寺 本堂

西国三十三所 青岸渡寺

 

 

 

 

【一番札所】那智山 青岸渡寺

『一番札所 那智山 青岸渡寺』歴史

青岸渡寺の創建時期については判然としない状態ですが、伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したと云われています。
後に推古天皇の勅願寺となり、6世紀末 - 7世紀初に生仏聖が伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人感得の如意輪観音を納めたといいます。

中世から近世にかけて、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場であり、如意輪堂と称されたその堂舎は、那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点でした。
明治時代に神仏習合が廃止されたとき、熊野三山の他の2つ「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」では仏堂は全て廃されましたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、のちに信者の手で青岸渡寺として復興しました。

本堂は織田信長南征の兵火にかかり、天正18年(1590)豊臣秀吉によって再建されたもので、現在では重要文化財に指定されています。
他にも「宝篋印塔」「滝宝殿」が重要文化財に指定され、他にも「銅造大日如来立像」「銅造観音菩薩立像」といった寺宝が保管されています。

寺号は豊臣秀吉が大政所の菩提を弔うために建てた高野山の「青巌寺」に由来していると云われています。

青岸渡寺尊勝院は中世以降、天皇や皇族の熊野詣での宿泊所としても利用されていました。
不開門は尊勝院の入り口にある唐破風の四脚門で有名です。

Wikipedia より抜粋

 

 

『一番札所 那智山 青岸渡寺』基本情報

札所番号:第一番
山号寺号:那智山 青岸渡寺
宗派  :天台宗
開基  :裸形上人
創建  :仁徳天皇御代(313~399)
御本尊 :如意輪観世音菩薩
御詠歌 :補陀洛や 岸打つ波は 三熊野の 那智のお山に ひびく滝津瀬

拝観料 :不要
三重塔 :200円
拝観時間:5:00〜16:30
納経料 :納経帳用 300円、白衣用 200円、納経軸用 500円
納経時間:5:00〜16:30
※ 拝観・納経時間につきましては、季節・気象状況により変更となる可能性がございます。

 

 

年間行事・特別拝観

●年間行事
1月1日~7日 :修正会
2月節分   :豆まき大法会(本尊開扉)
3月彼岸一週間:大法会
4月     :開山祭献茶法要(本尊開扉)
8月17日   :お盆精霊追善大法要(本尊開扉)
9月彼岸一週間:大法会
11月     :大黒天七福神大法会

●特別拝観
2016年~2020年まで
3月26日~5月5日:那智山経塚発見佛像

 

 

『一番札所 那智山 青岸渡寺』アクセス

住所  :和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地
電話  :0735-55-0001

【マイカーの場合】
国道42号のJR紀勢本線 那智駅前交差点から山手へ入り、那智川ぞいに約8キロメートル

駐車場 :有 (約:バス50台,自家用車300台)
駐車料金:800円~

【公共交通機関の場合】
JR紀勢本線 紀伊勝浦駅から熊野交通バス「那智山」行きで30分、「那智山」下車

「紀伊勝浦駅」発 バス時刻表

西国三十三所 青岸渡寺
西国三十三所 青岸渡寺

※「紀伊勝浦駅」からタクシー利用も可能です。

【巡礼バスツアー】

『西国三十三所巡礼』ツアーは、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『西国三十三所巡礼』をクリックしてみてください。


2. 次に『キーワードから探す』の中の、『出発地』(関西など)を選択してください。
  次にその下にある空白部に『西国三十三所』と入力ししてください。
  最後に出発日などの予定が決まってい場合は、日にちを選択し検索をクリックしてください。

3. バスの出発地ごとに、お得なツアーが表示されます。
  その時々により、ツアー内容(巡礼先)が変わりますので気に入ったツアーをお選びください。

どうでしたか? お得なツアーが見つかりましたか? じっくり探して頂ければきっとお得なツアーやお気に入りのツアーが見つかることと思います。

 

 

『西国三十三所』用品

『西国三十三所巡礼』をより充実したものとする用品がこちら。
・西国三十三ヶ所納経帳
・西国三十三所巡礼用白衣
・西国三十三所 掛軸/お納経軸/印譜集印
                    などなど…。

 

『西国三十三所巡礼』用品は、下記サイトから検索頂けます。

1. 下記バナー『楽天市場』をクリックしてください。


2. 『キーワードから探す』の空白部に『西国三十三所』と入力し、検索をクリックしてください。

3. 『西国三十三所』に関連した用品が表示されます。
  何かお気に入りの用品がありましたら、その商品ページから誰でも購入することができます。

是非、上記のような用品ご用意頂き、充実した巡礼をお楽しみください。
※ 巡礼に使用する用品などはほとんどの場合、各札所で購入することも可能です。

 

 

 

 

『那智山 青岸渡寺』周辺情報

 

 

観光・散策名所 情報

那智の大滝
那智山に多数ある滝のうち、一の滝が那智の大滝と呼ばれてます。
絶壁を切り裂くように落下する滝は高さ133m、滝幅13m、滝壷の深さ10m以上。
毎秒1t以上もの水量は「日本一の大滝」にふさわしい迫力です。
遠くから眺めると、付近にある朱色の三重の塔と見事に調和し、非常に美しい景観が楽しめます。

熊野那智大社
熊野夫須美大神(イザナミノミコトの別名)を主祭神とする「熊野十二所権現」を祀ります。
八咫烏(ヤタガラス)が石に姿を変えたといわれる烏石や樹齢850年の大楠があります。
無病息災、長寿、所願成就などにご利益があるとされていて、熊野三山の中で最も熊野権現造りの風格を伝えます。
那智山中腹に建ち、周囲を包む山の緑とは対照的な朱塗りの社殿が神聖な雰囲気をかもしだしています。

飛瀧神社
那智の滝を御神体とする神社で、本殿はなく滝の前方約200mのところに神籬を立てて拝所としています。

熊野古道 大門坂
京都と熊野三山を結ぶ熊野古道には、美しい自然や史跡、石碑、熊野九十九王子を祀る神社が点在しています。
大門坂は熊野那智大社などに続いています。
坂の入り口から樹齢800年の杉が立ち並び、石畳が昔のままの姿を残しています。
坂を登ると那智の滝が見られ、熊野古道で最も美しいと言われている神秘的な道です。

那智原生林
那智の滝の背後に広がる太古の森は、暖地性濶葉樹を主とし,温帯性濶葉や針葉樹を混えた混淆林です。
社有地で古来斧を禁じてきたため原始林の様相をよく残しています。

●那智高原公園
●那智山見晴らし台
●陰陽の滝
●那智高原
※台風12号の影響で現在立ち入ることができません。

 

 

グルメ 情報

●熊野那智大社清涼亭
那智大社への途上にあり、一息つくのに最適です。
上流にある滝の水を使っているので、抹茶、ぜんざいをはじめ、どのメニューもさっぱりした口当たりが楽しめます。
夏には冷やし飴や梅ジュース、冬にはうどんやそばといった季節に合わせたメニューも。
店内からは那智の滝が見え、絶好のビュースポットとしても有名です。

●まぐろ三昧 那智
世界的に有名なフレンチレストランの元料理長が現場シェフとしてお料理を提供しています。
勝浦産の生まぐろをふんだんに使用し、定番のお刺身やまぐろ丼からカルパッチョやパスタまで和洋様々なまぐろ料理があります。
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地2-3-10

 

その他グルメ情報は、下記サイトから検索頂けます。

『ぐるなび』は日本全国のグルメ情報を検索することができる国内最大級のグルメ情報 検索サイトです。
もちろん、無料で検索や予約をすることができ、お食事の予約をすることででポイントが付与され、1ポイント1円として使用できるギフト券と交換することができます。

下記バナー『ぐるなび』をクリックしてみてください。


まだ無料会員に登録されていない方は、簡単に登録することができるのでお得な無料会員登録で、グルメ情報の検索を行ってください。

 

 

その他 情報

周辺の有名温泉

●南紀勝浦温泉
「紀州・湯のくに」といわれるほどの和歌山県の中でも175本もの源泉を誇る那智勝浦町。
「まぐろ水揚げ」日本一ならではの「まぐろ料理」もお得な価格食べられます。
また、紀の松島めぐり、ドルフィンスイム、ホエールウオッチング、太地くじら浜公園など遊べるところもいっぱい!
釣り好きの方にはたまらない、一年中磯釣りができる一級磯も多く、釣り人でも賑わう「南紀勝浦温泉」です。

●川湯温泉
熊野川の支流大塔川にのぞむ素朴な湯。
大塔川から湧き出る温泉はアルカリ性単純温泉73℃の湯で、神経痛・皮膚病・糖尿病等に効果があります。
このあたり500mばかりの間は、河原の砂を掘ればたちどころに露天風呂ができるという野趣に富んだところで、石を枕に月を眺め、せせらぎにかわる河鹿の声を聞きながら湯にひたる情緒はひとしおの感があります。
各旅館でも河原に簡単な囲をして、川湯らしい雰囲気を楽しませる工夫をしています。
そして毎年12月1日から翌年2月末日までは、大塔川に大きな露天風呂で有名な「仙人風呂」が設けられています。
昼間はすぐ隣りを流れる大塔川のせせらぎを聞きながら、夜には今にも降ってきそうな星や月を眺めながら温泉に入ることができます。

 

『温泉宿』情報は、下記サイトから検索頂けます。

『お得に泊まれるお宿』から『情緒風情豊かなお宿』までいろいろなお宿が御座います。

 



 

 

『西国三十三所』札所のご紹介

総合紹介ページ【保存版】西国三十三所巡礼 各札所の気になる情報・・・はこちら!

 第一番  青岸渡寺  第二番  金剛宝寺(紀三井寺)  第三番  粉河寺
 第四番  施福寺  第五番  葛井寺  第六番  南法華寺
 第七番  岡寺  第八番  長谷寺  第九番  南円堂
 第十番  三室戸寺  第十一番  上醍醐 准胝堂  第十二番  正法寺
 第十三番  石山寺  第十四番  三井寺  第十五番  今熊野観音寺
 第十六番  清水寺  第十七番  六波羅蜜寺  第十八番  六角堂 頂法寺
 第十九番  革堂 行願寺  第二十番  善峯寺  第二十一番  穴太寺
 第二十二番  総持寺  第二十三番  勝尾寺  第二十四番  中山寺
 第二十五番  播州清水寺  第二十六番  一乗寺  第二十七番  圓教寺
 第二十八番  成相寺  第二十九番  松尾寺  第三十番  宝厳寺
 第三十一番  長命寺  第三十二番  観音正寺  第三十三番  華厳寺

 

 

最後までご覧頂きまして有難う御座います。
その他の札所もご覧頂き、プラン計画の情報としてご利用頂ければ幸いです。
良い『西国三十三所巡礼』となりますよう心よりお祈り致します。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 趣味 , , , , , , , ,