かねふく『めんたいパーク 神戸三田』工場見学と明太子試食が最高! 遂に『めんたいパーク大阪』もOPEN!

      2016/11/05

 

 

めんたいパーク

現在、阪神エリアで人気急上昇中の『かねふく』めんたいパーク 神戸三田の工場見学に行ってきました。
場所は、兵庫県三田のかなり田舎にあり、すぐ隣には「奥の小谷公園」という自然がいっぱいの公園がある静かな場所です。

当日は春休み最初の日曜日ということもあり、約200台程の車を駐車できる駐車場がお昼の11:30頃で既に6割近くが埋まっている状態でした。

そんな大人気の『かねふく』めんたいパーク 神戸三田 とはどんなところなのでしょうか。
簡単に紹介をさせて頂きます。

 

 

 

 

いったい何があるの?

● 工場見学

めんたいパーク

無料で実際に明太子を作っているところが見られます。

工場見学通路から従業員さんが明太子の原卵、たらこをきれいに下ごしらえし、漬け込み・熟成・包装などの製造工程を目の前で見ることができるようになっています。

めんたいパークめんたいパーク

見学通路は、ガラス張りで小さいお子様にも見えるようなかたちとなっていることと、カメラを操作して見えにくい所などもモニターで見ることができるなど嬉しい工夫がありました。

また、その通路には、タラを捕獲している船のシーンから明太子になるまでを映像やパネルでわかりやすく説明がされており、自由研究にも使えそうな感じです。

めんたいパーク

少し残念なのは、工場見学自体が数分程度で見終えることができるので本格的な工場見学を期待していたりすると物足りない感じがするかもしれません。

ただ、本格的な説明員の方がついて説明してくれるものとは違い、自分のペースで自由に動けるので飽きることがなく良い感じでした。

● めんたいランド

めんたいパーク

唯一、見学にお金が必要となるエリアです。
入場料:大人500円、子供300円。

中に入ると、オリジナルのゲームやトリックアートで写真撮影、また3Dによる迫力の映像でスケソウダラ漁の様子や明太子の作り方などしっかり楽しむことができます。

小さいお子様は、キッズハウスで遊んだりすることもでき、楽しい空間となっています。

それと、めんたいランド入場の方だけに、嬉しいお土産があります。
お土産の中身は・・・、お楽しみです。

入場料分の価値は絶対にあると思います!
是非、おすすめしたいと思います。

● タラの仲間や明太子についての豆知識

正面入り口から入ったところに、
タラの仲間やスケソウダラの生態が学べるパネルが壁面にあります。

めんたいパーク
それを読み進めていくと、次に明太子の豆知識パネルが登場!
来場者の探究心をくすぐる仕掛けがおもしろいですね。
勉強になります。

● フードコーナー

工場見学を終えると、次はフードコーナーが気になるところです。
フードコーナーの一角にある「明太子 試食コーナー」。

めんたいパーク

私達が訪れた時は、試食コーナーに長蛇の列が…。
と言っても、常に進んでいるので、数分で目的の試食ができるのですがね。

試食コーナーの隣には、「明太子」を使用した美味しいフードを販売しているお店があります。

めんたいパーク
名物の「明太ジャンボおにぎり」「明太ぶたまん」「明太ソフトクリーム」などなど。
この3種類は外せないですね。

●直売所エリア

試食もして、フードコーナーでお腹も満たした後は、お土産を買う事ができる直売所アリアです。

めんたいパーク

ここでは、当日工場で出来上がったばかりの「できたて明太子」を購入することができます。

売店のお兄さんに伺ったところ、特におすすめは「明太子が大きいもの」だそうです。

めんたいパーク

同じグラム数でも、小さいものがたくさん入っているよりも、多きものがドンと1本あるいは2本入っているものの方が良いということでした。

その他にも、明太子を使用したお土産がたくさんあります。

個人的におすすめは明太子を使用したソーセージです。
ピリッとした辛さと、弾けるような噛みごたえ。
ビールの肴にピッタリです。

 

お土産を買い忘れた場合、足らなかった場合は・・・

万一、おみやげを買い忘れたりした時は、楽天市場(下記バナーリンクをクリックください。)で、『かねふく 明太子』と検索してみてください。
美味しそうな明太子がいっぱいでてきます。
追加購入などにも大変便利です。
お酒の肴にもいいですよ~。
ご興味のある方は一度ご覧ください。

 

 

 

ボリュームある明太子の試食が最高

明太子の試食が最高に美味しいです。
試食といっても普通の試食とは違います!
試食の量が多いです。
大きいです。
ビックリです!
何回も並びたいところです。
しかし、塩分とカロリーを考えると躊躇してしまいます。
一応、お一人様1度限りとなっていますが、実際は何度並んでもわかりません。

試食は、一列になって試食コーナーに並ぶのですが、大きな明太子を何個かに切り分けたものをお皿に山盛りにした状態でカウンターに置いているので、それを爪楊枝でさして食べるというシステム。

明太子がなくなってくると、従業員のおばさまが、さらに山盛りのお皿と入れ替えてくれるというもの。

とりあえずは、一切れづつですが、つわものは爪楊枝に二切れ、あるいは三切れをさして持っていくという方もいらっしゃいました。

あとは、あなたの良心におまかせするところです。

 

 

絶品、明太子フード

あと、個人的におすすめで、絶対に食べて頂きたいのが、名物の「明太ジャンボおにぎり」「明太ぶたまん」「明太ソフトクリーム」です。

一つ380円の「明太ジャンボおにぎり」はジャンボと言うだけあって、ご飯の量もそうですが「明太子」のボリュームが満点で言う事なしの美味しさ。

おにぎりだけでもかなりお腹が大きくなりますが、続いて「明太ぶたまん」も食べてください。
明太子でピンク色に染まった「明太ぶたまん」を二人で分け合って食べるとちょうどよい量かなと思います。

最後に、お口直しの「明太ソフトクリーム」、甘いソフトクリームに辛い明太子?と思われるでしょうが、絶品です。

この3種類は絶対に外せない「3種の明太」ですね。

 

 

 

 

access/アクセス

■ JR三田駅から
  キリンビアパークバス停横より巡回バスで約20分
  (フラワータウン駅経由)
■ 大阪方面から車で
  中国自動車道「神戸三田IC」より約3分、
  市原交差点を左折し直進
■ 神戸方面から車で
  六甲北有料道路「長尾ランプ」より約3分、
  市原交差点を右折し直進

【車の場合】
めんたいパーク 車

【電車の場合】
めんたいパーク 電車

めんたいパーク-地図

【巡回バス時刻表】
めんたいパーク 巡回バス時刻表

【営業時間】

営業時間: 9:00〜18:00《年中無休》
工場稼働時間: 9:00〜17:00
※状況により稼働時間が変更になる場合がございます。
入場料金: 無料(一部有料)
住所: 兵庫県神戸市北区赤松台1-7-1
電話: 078-986-1137(FAX:078-986-1138)

 

今回は、かねふく『めんたいパーク 神戸三田』の工場見学と明太子の試食、それとお食事にお土産の購入とたっぷり明太子を堪能した一日でした。

工場見学と試食だけなら全くの無料で楽しめますので、是非おすすめです。
もちろん、駐車場も無料です。

 

大阪に「めんたいパーク」が遂に登場!

大阪のATC(アジアトレードセンター)に『かねふく めんたいパーク』が新登場!
2016年11月5日 OPEN!

2016年11月5日~13日の期間 オープンセール実施中!

当初は、11月7日 OPENと発表されていましたが、若干早まり11月5日オープンとなったようです。
早速、「めんたいパーク 大阪」を覗いてみました。
今回はホントに覗いただけです。

・工場直売店
・めんたいラボ
・フードコーナー
・工場見学
と、充実の内容!

入り口はこんな感じです。

めんたいパーク大阪

11/5~13日までオープンセール中!

めんたいパーク大阪

できたて明太子コーナー

めんたいパーク大阪

近いうちに、家族でお買い物に行くとします。
今回は、OPENの報告まででした。

営業時間・住所・アクセス・施設内容など
詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 日常 , , , , , , , , , , ,