黒木華(くろきはる) の魅力を調査! 『真田丸』『リップヴァンウィンクルの花嫁』『重版出来!』に出演

      2017/06/24

 

 

現在、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演し、「梅」を熱演している「黒木華(くろきはる) 」さん。
個人的にあまり知らなかったのですが、「真田丸」を見ていて、何故かその存在感が気になってしまったので、今回「黒木華(くろきはる) 」さんを調べてみました。

 

『黒木華』ファン必見! お宝?サイトがこちら!

楽天市場(下記のバナーリンクから楽天市場へ入れます)で、『黒木華』と検索してみてください。
あんなものから、こんなものまで、いっぱいお宝がでてきます。
ご興味のある方は一度お試しください。

 

 

「黒木華(くろきはる) 」さん のプロフィール

黒木華(くろきはる)-プロフィール

名前    :黒木 華 (くろき はる)
本名    :黒木 華 (くろき はる)
生年月日  :1990年3月14日
出身地   :大阪府高槻市
血液型   :B型
身長    :164cm
体重    :未公表
スリーサイズ:未公表

職業    :女優

出身高校  :追手門学院高等学校
出身大学  :京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コース

事務所   :パパドゥ

お名前の読み方、よく間違われるそうなんですが「くろき はる」と読むそうです。
普通に読むと「はな」さんと読んでしまいますが、正しくは「はる」さんです。

お名前の話ついでに、「黒木 華」さんという、まったく同じ漢字のモデルさんがいらっしゃるようです。
こちらの方は、「くろき はな」と読みます。
珍しいお名前なのに、読み方は違いますが同姓同名ってあるんですね。
モデル 黒木華

 

 

 

 

「黒木華(くろきはる) 」さん てどんな人?

「黒木華(くろきはる) 」さん ヒストリー

1990年に大阪で生まれた黒木華(くろきはる)さん。

追手門学院高等学校の時に演劇部に入ります。

その後、京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コースに進学し、大学では映画監督であり脚本家でもある、「林海象」教授、「東陽一」客員教授らに演技を学びます。

また、在学中の2009年には俳優・劇作家・演出家で有名な「野田秀樹」さんの演劇ワークショップでオーディションに合格し、ザ・キャラクター』で舞台デビューを果たします。

2011年には東京オアシスにメインキャストとして映画初出演。

2012年にはおおかみこどもの雨と雪で「雪(ゆき)」の少女期の声優として声優デビューも果たしています。

そして2013年、この頃からテレビでよく顔を見るようになってきます。
NHKの連続テレビ小説『純と愛ドラマ『リーガルハイ』第2シリーズなどでレギュラーとしてテレビ出演。
映画でもシャニダールの花舟を編むに出演し、キネマ旬報ベストテン日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞と一躍注目の女優さんとなりました。

2014年には小さいおうち第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞します。
日本の女優さんでは史上4人目で、23歳での受賞は日本人最年少というずば抜けた演技力を持つ黒木華(くろきはる) さん。
小さいおうち』では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。
また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるというエランドール賞新人賞も受賞しています。

黒木華(くろきはる) さんの快進撃はまだまだ続きます。

2015年には映画『幕が上がるに出演し、評論家の「清水節」さんらがその存在感を高く評価しています。
2015年12月公開の母と暮せばでは、第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。
2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、史上2人目の快挙ということ。
天皇の料理番では高浜俊子役を好演。

2016年1月にはNHK大河ドラマ『真田丸』で主人公「信繁(堺雅人さん)」の妻「梅」役で出演。

2016年3月には映画『リップヴァンウィンクルの花嫁で主演。

2016年4月には連続ドラマ『重版出来!でドラマ初主演。

という演技力抜群の女優さんということがわかりました。
こんな凄い女優さんがいたというのに、その存在をほとんど知らなかった無知な自分が恥ずかしいですね。

 

 

 

「黒木華(くろきはる) 」さん 大河ドラマ「真田丸」に出演

黒木華(くろきはる)
俳優さんの一つのステータスとしてあるのが、NHKの連続テレビ小説と大河ドラマへの出演です。
黒木華(くろきはる)さんは、2013年に連続テレビ小説『純と愛』に出演を果たされていましたので、
今回の大河ドラマ「真田丸」に出演され、さらに女優さんとしての存在感が増していくものと考えられます。

黒木華(くろきはる)

NHK大河ドラマ「真田丸」では主人公「信繁(堺雅人さん)」一般的に有名な名前「真田幸村」の妻「梅」役で出演されています。
信繁と幼なじみ梅は、真田家に仕える地侍 堀田作兵衛の妹。
身分は違うが、両想いの二人は結婚し、その後一人の娘を出産
そして「信繁(堺雅人さん)」との悲しい別れ、を演じます。

「真田丸」の、ストーリー・脚本・演出が面白くて見ていますが、「黒木華(くろきはる) 」さんの存在感、これは本当に素晴らしいです。
素人ながら、今までの様々な受賞歴をみると納得してしまいますね。

 

「黒木華(くろきはる) 」さん 主演の映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』て?

黒木華(くろきはる)

岩井俊二監督の待望の最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。
「黒木華(くろきはる) 」さんが、派遣教員の皆川七海役で主演を務められています。

黒木華(くろきはる)

 

【ストーリー】

舞台は東京。
派遣教員の皆川七海(黒木華)はSNSで知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野剛)に依頼する。
新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。
苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。
最初はあの代理出席のバイト。
次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。
破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。
真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。
ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す…。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』予告編はこちら

『リップヴァンウィンクルの花嫁』は、2016年3月26日(土)公開。

主題歌は、里中真白役で出演もされているシンガーソングライターの「Cocco」さんが歌っています。

 

 

リップヴァンウィンクルの花嫁 [ 岩井俊二 ]

価格:1,512円
(2016/3/25 20:37時点)

 

【送料無料】 リップヴァンウィンクルの花嫁 サウンドトラック Bride wedding wcores for rip van winkle 【CD】

価格:2,160円
(2016/3/25 20:41時点)

 

「黒木華(くろきはる) 」さん 主演のドラマ『重版出来!』(じゅうはんしゅったい)て?

黒木華(くろきはる)

「重版出来!」は小学館「月刊!スピリッツ」で連載中の、松田奈緒子による人気マンガを原作としたドラマ。
新人女性編集者・黒沢心を主人公に、出版業界の裏方たちの活躍を描く。
主人公の心を黒木華が演じるほか、オダギリジョー、坂口健太郎、荒川­良々、小日向文世、滝藤賢一、要潤、永山絢斗、ムロツヨシ、高田純次、安田顕、松重豊­といった豪華俳優陣が出演する。

【ストーリー】

幼いころから柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心(黒木華)。
オリンピック日本代表の呼び声も高かったが、怪我がもとで選手生命を絶たれたため柔道から退き、就職を決意した。
大手出版社・興都館の就職試験を受けた志望動機は、子どもの頃に柔道を扱った漫画を胸を熱くして読み、それがきっかけで柔道を始め、情熱を傾ける青春を送れたことが大きい。
かつて自分がそうであったように、読者が“何か”を得るような「漫画」を作りたいと熱意を語り、採用される。
入社後、週刊コミック誌『バイブス』編集部に配属され、編集者として歩き出す。

『重版出来!』(じゅうはんしゅったい)予告編はこちら


『重版出来!』(じゅうはんしゅったい)は、2016年4月12日(火)夜10時スタート!

主題歌の「エコー」は奥田民生さんがドラマのために書き下ろした楽曲だそうです。
現在のところ、発売日などは未定とのことです。

 

 

【漫画】重版出来! 全巻セット (1-6巻 最新刊)

価格:3,576円
(2016/3/25 20:44時点)

 

 

 

 

「黒木華(くろきはる) 」さん の画像を少しだけまとめてみました。

黒木華(くろきはる)
黒木華(くろきはる)
黒木華(くろきはる)
黒木華(くろきはる)
黒木華(くろきはる)

2016年も大活躍間違いなしの「黒木華(くろきはる) 」さん。
素晴らしい演技に、独特の存在感。

この一年は、間違いなく目が離せない存在です。
注目したいと思います。

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - 女性俳優 , , , , , , ,