なでしこジャパン、韓国戦の切り札はFW 横山久美選手だ!

      2016/04/23

過去の最終予選初戦黒星スタートチームの突破率は…。

なでしこジャパンに関する記事をネットサーフィンしていたところ、愕然のデータがある事を知りました。
そこには、前回のロンドン五輪アジア予選で初戦黒星となったチームの結果でした。
ロンドン五輪アジア予選で、初戦を北朝鮮に敗れた豪州(オーストラリア)。
豪州(オーストラリア)はその後、3勝2敗という結果に持って行き勝点9という結果で全日程を終えたものの、全体の3位となり予選敗退。
同じく初戦で日本に負けたタイについても、予選敗退という結果となっているようです。

そして、前々回の北京五輪の最終予選でも対戦形式は違えど、初戦に敗れた韓国、ベトナム、チャイニーズ・タイペイ、香港の全チームが予選突破できずに敗退となってしまっているという事。

このデータだけを見れば、リオ五輪アジア最終予選の突破確率は「0%」ということになってしまいます。

しかし、そこは「なでしこジャパン」、私の個人的な見解では、リオ五輪アジア最終予選の突破確率は「100%」です。
何故なら、あのW杯優勝の時も何度も絶体絶命と思えたピンチを見事に克服し、最後には優勝という偉業を成し遂げた経験を持つチームです。
3月2日の韓国戦から必ずや4連勝し、勝点12でリオ五輪の切符を手に入れてくれることと信じています。

そんな、棘の道を進む事となった「なでしこジャパン」のメンバーで、明日の韓国戦のキーとなる選手は誰なのでしょうか。

韓国戦の切り札は・・・。

先日の豪州(オーストラリア)戦で前半途中からFW大野選手に代わってピッチに入ったFW横山久美選手。
途中出場ながらも、上手くゲームの流れに入り素晴らしいボールのキープ力を見せてくれた同選手。
残念ながら得点には繋がらなかったものの、若さ溢れる動きで相手選手を引きつけ攻撃の幅を作っていたのではないかと素人目で思っています。
韓国戦のスタメンで出場することがあれば、キックオフからパワー全開で前線を得意のドリブルで縦横無尽に駆けてくれるのではないかと期待をしています。

また、豪州(オーストラリア)戦で得点を挙げた背番号「10」FW大儀見選手は、さすがに女子ブンデスリーガ得点王に輝いた実力を持つだけあり、球際のプレーでは凄身を感じるものがあります。
きっと、韓国戦でも期待通り得点を挙げてくれると信じています。

韓国戦の切り札はズバリ、FW横山久美選手とレジェンド澤選手から背番号「10」を受け継いだFW大儀見選手の2名で間違いないと思います。

FW横山久美選手とは、どんな選手?

なでしこ-FW横山久美選手
*ヤングなでしこ時代の背番号「10」をつけたFW横山久美選手

東京多摩市出身の現在22歳。
・幼稚園時にサッカーと出会い、小学生から本格的に始める。
 その後、多摩市トレセンチームのFC多摩ジュニアに選出。
 その他、U-12東京都トレセン、ダノンネーションズカップ東京都大会に出場。

・2007年、「スフィーダ世田谷FC」に入団。
 東京都女子リーグ、東京都女子サッカー選手権大会、
 東京都女子ユース(U-15)選手権大会に出場。
 また、JFAU-15女子ナショナルトレセン関東地区選手に選出。

・2008年、17歳以下を対象とした「なでしこチャレンジプロジェクト」に選出。

・2009年、十文字高校サッカー部に入部。
 U-16日本代表選出。
 全日本高等学校女子サッカー選手権大会、
 東京都女子ユース(U-18)サッカー選手権大会に出場。

・2010年、U-17日本代表に選出され2010 FIFA U-17女子ワールドカップに出場。
 初戦のスペイン戦で途中出場し、ミドルシュートによる得点を挙げる。
 その後、グループリーグ、決勝トーナメントと出場し、準決勝の北朝鮮戦で
 相手ディフェンダー4人をドリブルで抜き去りそのままゴールを挙げる。
 この大会で、合計6得点を挙げ得点ランキング3位となり、
 「シルバーボール」「ブロンズシューズ」のダブル受賞となる。
 10月には、関東女子ユース(U-18)サッカー選手権大会で優勝、
 全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会初出場に貢献。
 11月には、北朝鮮戦で挙げたゴールが
 FIFAプスカシュ賞(FIFA年間最優秀ゴール賞)にノミネート。

・2012年、卒業後になでしこリーグ「岡山湯郷Belle」に入団。
 U-20日本代表に選出され2012 FIFA U-20女子ワールドカップに出場。

・2014年、AC長野パルセイロ・レディースに移籍し、
 30得点を挙げてチャレンジリーグ得点王となる。

・2015年、日本代表に発招集され、アルガルヴェ・カップ2015のポルトガル戦に初出場し
 代表初得点を挙げる。
 その後、なでしこリーグ2部 得点王となる。

FW横山久美選手の経歴を見ると、幼少の頃からサッカーに慣れ親しみ、各年代の代表に選抜される実力を持った選手という事がよくわかります。
圧巻なのは、2010 FIFA U-17女子ワールドカップ 準決勝の北朝鮮戦での相手ディフェンダー4人をドリブルで抜き去りそのままゴールを挙げるという神憑り的な事を行うことができる度胸。
また、2014年のチャレンジリーグ 得点王、2015年のなでしこリーグ2部 得点王と2年連続の得点王という実力の持ち主。
そして、横山選手のもう一つの伝説がこちら。
2015年10月25日の「プレナスなでしこリーグ2部 第26節」愛媛FCレディースとの一戦で、横山選手は前半後半合わせて4得点を挙げ6-0でチームの勝利に貢献、しかし同試合で警告を続けてもらい退場処分となる出来事が。
技術はもちろんだが、相手に向かっていく闘志も併せ持ち、きっと見ていて応援したくなるキャラクターなんだろうなと思います。

3月2日の韓国戦では、必ずや日本の勝利に貢献してくれる事と信じて、応援をしたいと思います。
3月9日の北朝鮮戦まで熱い日が続きます。

 

 - 女子サッカー , , , , , ,