必見!男の「4大体臭」の基礎知識! 原因と対策方法を考える!

      2016/05/11

男の4大体臭

 

 

ようこそ、加齢の世界へ…。
なんて、言われたくないですよね。
しかしですね、人間年を重ねる毎に身体に変化がでてくるのは仕方がありません。
その中でも、「男臭」の4大体臭というものはなかなか厄介なものです。

自分は関係ないと思われているあなたも、30歳過ぎたら対策は必須です。
自分では気づかないうちに独特の臭いを発している現実。
「知らぬが仏」ではなく、「知らぬは地獄」
自分が知らず知らずのうちに周りの方に不快感をあたえているとしたら、これはもう迷惑千万
陰で、「○○さんって最近臭わない?」「加齢臭すごくない?」「オヤジ臭が最悪」など言われていたとしたら地獄ですよね。

そういうことにならない為にも、自分でケアできるところはしっかりケアしましょう

男性用ケア用品はこちらでご紹介しております。
【保存版】男性の為の『ヘアケア』『ボディケア』『オーラルケア』特集」へ。

 

 

 

 

「男臭」の4大体臭の基礎知識

『加齢臭』について

加齢臭イメージ画像

加齢臭の原因は?

ひとことで言えば「ノネナール」という物質が原因です。
年を取ってくると皮脂の中に「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が増えてきます。
これが過酸化脂質などと結びついて、加齢臭の元となる「ノネナール」がつくられます。

また、過酸化脂質も老化によって抗酸化力が衰えると増加する傾向にあり、男性ホルモンの活発化とともに皮脂の分泌が促され加齢臭が強くなるということです。
因みに、男性ホルモンの増加は、40~50歳位でピークを迎えるそうです。

加齢臭が発生するのは、「9-ヘキサデセン酸の増加」「抗酸化力の衰え」「男性ホルモンの増加」の3つの変化が起こる時と言えるでしょう。

加齢臭発生の公式はこんな感じ。
「9-ヘキサデセン酸」+「過酸化脂質の老化+抗酸化力の衰え」+「男性ホルモンの増加」=加齢臭の出来上がり

この身体の変化がでてくるのは、個人差はありますが『30歳過ぎから起る』のが一般的と考えられています。

加齢臭は生活習慣に左右される?

加齢臭は、ただ年を取ったから発生するという訳ではありません。
あくまでも「ノネナール」が発生するからです。
「ノネナール」の発生は生活習慣によって大きく左右されます。
では「ノネナール」を発生させない秘訣はあるのでしょうか。

①食生活の改善
脂肪を取りすぎると皮脂の分泌が増えるので、加齢臭の原因となります。
コンビニやファーストフードなどは美味しくするために多くの脂肪が使われています。
また、揚げ物も要注意です。

野菜や果物には「活性酸素を減らす」働きのあるビタミンやポリフェノールが豊富に含まれています。
できるだけ多くの野菜を取ることが望ましいです。

また、アルコールも体内に活性酸素を増やすことに繋がるので飲みすぎには注意が必要です。

②ストレス発散
人は、ストレスを感じると体内に活性酸素が発生するようになっています。
その為、個人よって方法は違いますが、ストレス発散となることをしましょう。

③禁煙
喫煙は活性酸素を増やす要因となります。
活性酸素が増えることによって身体の皮脂は酸化されて過酸化脂質へと変化します。
この過酸化脂質の老化+抗酸化力の衰えにより、加齢臭が発生しやすくなります。
その為、加齢臭を抑えるためには喫煙を控えることが望ましいということです。

④有酸素運動
運動不足も原因の1つです。
加齢臭対策には、有酸素運動も効果的です。
有酸素運動は、抗酸化酵素を増やます。
※息を切らすほどの運動は、逆に活性酸素を増やしてしまいます。

⑤サプリメントの活用
近年、いろいろな種類のサプリメントが販売されています。
サプリメントを活用して抗酸化物質の摂取もおすすめです。
サプリメントは、手軽に使用することができるので、食生活の改善や運動する時間がなかなか取れない人には非常に便利です。

上記のように、いろいろな対策方法がありますが、完全に加齢臭をなくすという事は極めて難しい話です。

加齢臭はどこからするの?

加齢臭は身体のどこからするのでしょうか?
発生場所がわかれば対策もしやすくなるのですが…。

一般的には、頭・おでこ・鼻・首回り・耳の後ろ・胸・ワキ・背中などが発生場所といわれています。

中でも一番ニオイが出やすい場所は、「耳の後ろ
「耳の後ろ」には皮脂がたまりやすく臭いが発生しやすいようです。

次に多いのが「
頭は皮脂腺が体の中で一番多く、髪の毛で非常にムレやすくなっているため臭いも発生しやすくなります。

その次に多いのが「首筋(うなじ)」や「といった場所となります。

これらは、あくまでも一般的に言われている発生場所であって、実際は個人によって違ってきます。

『腋臭・ワキガ・わきが』について

腋臭イメージ画像

腋臭の原因は?

ワキにある「アポクリン腺から分泌される汗」が、「皮脂腺から分泌された脂肪分」や「エクリン腺から分泌された汗」と混ざり、それがワキの雑菌により分解されてイヤな臭いとなります。
ちなみに、「アポクリン腺」はワキ以外に「耳・うなじ・乳輪・乳頭・外陰部」などにもあります。
その中で、デリケートゾーンに発生するのもを『すそワキガ』といいます。

腋臭は生活習慣に左右される?

①食生活の改善
お肉中心の食事は腋臭を促進するといわれています。
動物性タンパクや脂肪などが中心の食事を続けていると、アポクリン腺の一つ一つの分泌活動が刺激されて「より強いワキガ臭」を発生するようになるようです。
その為、お肉類を食べる時は、野菜類もバランス良く摂取することが望ましいということです。

②ストレス発散
ストレスは自律神経に大きな影響を与え、ホルモン分泌のバランスを崩してしまいます。
ホルモンバランスと腋臭はとても関係性が深く、ホルモンバランスが崩れるとアポクリン腺が刺激されてワキガ臭を発生するようになるようです。
また、腋臭の人はストレスによってより強いワキガ臭が出ることもあります。
その為、個人よって方法は違いますが、ストレス発散となることをしましょう。

③禁煙
タバコの成分であるニコチンによってアポクリン腺が刺激され、発汗が促進されることがあります。
ニコチンは交感神経も刺激することがあるため、それによってワキガ臭が強まるという可能性があります。
研究では、1日に20本以上の場合は影響が出やすく、10本程度ではあまり影響がないという報告があります。
しかし、タバコにはビタミンCやEを破壊する性質があり、本来なら腋臭などの体臭の元になる過酸化脂肪酸の増加を抑えるビタミンCやEの効果を消してしまうというマイナス要素があります。
その為、ワキガ臭を抑えるためには喫煙を控えることが望ましいということです。

④飲酒
過度の飲酒は、発汗作用を促進するため、アポクリン腺を刺激しワキガ臭が強まるという可能性があります。
その為、ワキガ臭を抑えるためには過度の飲酒は控えることが望ましいということです。

上記のように、原因と臭気を抑えるためのいろいろな対策方法がありますが、完全に「腋臭・ワキガ・わきが」をなくすという事は難しいようです。

『汗臭』『足臭』について

足臭イメージ画像

汗臭・足臭の原因は?

エクリン腺という汗腺から出た汗が、時間が経つにつれ皮脂や垢とが混ざり雑菌が繁殖することで汗臭が発生します。

汗臭・足臭は生活習慣に左右される?

①食生活の改善
脂質の摂取量が多いと、内臓脂肪・皮下脂肪・血液中の脂質を増やしまうだけでなく、 皮膚から分泌される皮脂も増えます。
皮脂が多くなり過ぎると、皮脂が酸化された時のニオイが強くなってしまうため、発汗後の汗臭・足臭が強くなってしまいます。
その為、できるだけ多くの野菜を取ることが望ましいです。

②ストレス発散
通常、エクリン腺から出る汗は、サラサラで臭いのない汗ですが、ストレスの多い生活習慣では、ベタベタとした臭いのある汗をかきやすくなります。
その為、臭いのないサラサラとした汗をかくためにも、日ごろからストレス発散となることをしましょう。

③禁煙
喫煙は活性酸素を増やす要因となります。
活性酸素が増えることによって身体の皮脂は酸化されて過酸化脂質へと変化します。
この過酸化脂質は脂っぽい臭いを発し、発汗後汗臭・足臭となってしまいます。
その為、汗臭を抑えるためには喫煙を控えることが望ましいということです。

④飲酒
過度の飲酒は皮膚の血管を拡張させ、体温を上げる効果があり発汗を促します。
但し、普通とは異なる汗のかき方の為、臭い成分のアセトアルデヒド、酢酸が汗の中に多く混ざります。
このアセトアルデヒド、酢酸はどちらも強い刺激臭を持っているので飲酒による発汗は汗臭・足臭が強くなってしまいます。

上記のように、原因を分析し臭気を抑えるためのいろいろな対策方法を実行することで「汗臭」「足臭」を抑えることが可能となります。

 

 

 

 

「男臭・体臭」をケア用品でスッキリ!

ここまで、「加齢臭」「腋臭」「汗臭」「足臭」の原因と生活習慣との関係性について考えてきました。
しかし、生活習慣を変えたとしても全く「臭い」を消し去ることは難しいというのが現実です。

現在、私も含めてそういった悩みを抱えている方達のために、手軽に使用できるケア用品が研究・開発され活用されています。

当サイトでも【保存版】男性の為の『ヘアケア』『ボディケア』『オーラルケア』特集として、
いろいろなケア用品をご紹介しております。
また今後もそういったケア用品をどんどんご紹介していきたいと考えております。

そんなケア用品の活用で、「臭い」の緩和を実行し、誰にも気兼ねすることのない楽しい社会生活を実現しましょう。

 

 

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - ボディケア , , , , , , , , ,