WordPress 『一般・投稿・表示・ディスカッション・メディア・パーマリンク』の設定方法(画像付きで解説)

      2016/04/23

テーマ『STINGER7』の設定方法解説②

 

 

WordPress-logo

前項では、“WordPress メニュー・カテゴリーの設定方法(画像付きで解説) STINGER7編”ということで、『メニュー』『カテゴリー』の設定について紹介させて頂きました。
本項では、WordPressを使用していく中で基本的な6つの設定『一般・投稿・表示・ディスカッション・メディア・パーマリンク』設定とアバターの【Gravatar】登録を行っていきます。

 

 

 

 

1つ目の設定『一般設定』

ここでは、サイトのタイトルやアドレス、タイムゾーンなどの基本的な設定を行います。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「一般」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress 基本設定1

①サイトのタイトル

サイトのタイトルは、『WordPress』インストール時に入力していますが、変更が必要な場合はここで変更が可能です。
また、サイトタイトルは検索エンジンの検索結果に表示されるので非常に重要となります
できるだけ、「覚えやすく、サイトの内容に一致」したタイトルをつけるようしましょう
SEO対策として、サイトタイトルとサイト内容、検索キーワードがマッチすれば表示されやすくなる傾向があるようです

②キャッチフレーズ

キャッチフレーズは、サイトの簡単な説明を入力します。
表示させたくない場合は、空白のままでも可能です。

③WordPressアドレス(URL)と④サイトアドレス(URL)

WordPressの場合、アドレス (URL)が2つ設定しなければなりません。
一つが『WordPress アドレス (URL)』というもので、WordPressファイルを保存しているアドレス。
もう一つが『サイトアドレス (URL)』というもので、サイトを表示させる(一般的な)アドレスです。
当サイトの場合、
WordPress アドレス (URL):http://daily-question.xyz/wp
サイトアドレス (URL):http://daily-question.xyz
というように、WordPress アドレス (URL)には『/wp』というディレクトリが表記されています。
これは、レンタルサーバーのWordPressインストール(かんたんブログインストールあるいは自動インストール)機能を使用してインストールした場合に表記されることがあります。
その場合、サイトアドレス (URL)にも『/wp』が表記されていると考えられますので、サイトアドレス (URL)は『/wp』を削除したアドレスに変更をしてください

⑤メールアドレス

コメントやリンクなどがされた時に通知としてくるアドレスとなります。
その為、特別に新しくアドレスを作成する必要はなく、普段使用しているアドレスを入力してださい。

⑥メンバーシップ

登録をすれば、複数の人がサイトの更新や変更ができるWordPressですが、誰がその登録の権限を持つかということを決めることができます。
一般的にはサイト運営者が権限を持つことが多いので、他の人に権限を与えないという場合は、『メンバーシップ』のチェックボックスは空欄にしておいてください。
・『新規ユーザーのデフォルト権限グループ』はデフォルトのまま『購読者』で構いません。

WordPress 基本設定2

①タイムゾーン

日本の時間を使用する場合は、『東京』を選択してください。

②日付のフォーマット、③時刻フォーマット、④週の始まり、⑤サイトの言語

サイトのデザインやお好みに合わせて選択してください。

⑥『変更を保存』をクリックで『一般設定』完了

 

 

 

 

2つ目の設定『投稿設定』

ここでは、投稿用カテゴリーの初期設定や更新情報サービスの設定を行います。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「投稿設定」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress 投稿設定1

①投稿用カテゴリーの初期設定

カテゴリーを選択せずに投稿した時、どのカテゴリーに登録されるかを選択してください。

②デフォルトの投稿フォーマット

特に指定がなければ『標準』を選択してください。

③メールでの投稿

メールを使ってスマートフォンからも記事投稿をすることができますが、将来的にこの機能は削除される可能性があります。
その為、当サイトでは特に設定はせずにデフォルトのままとしておきます。

WordPress 投稿設定2

④更新情報サービス(PING送信機能)

作成した記事の更新情報を自動的にブログランキングサイトなどに通知してくれる機能です。
この機能を使用すれば登録しているブログランキングサイトの新着記事一覧などに掲載されるようになります。
ランキングサイトに登録されている方は、登録をおすすめします。

PING送信URLは、各ブログランキングサイトを確認してください。
 例)【人気ブログランキング】の場合、『マイページ』内の『更新情報(Ping)』ページにPing送信先URLが表記されています。
 例)【にほんブログ村】の場合、『マイページ』内の『記事反映/Ping送信』ページに専用Ping送信先URLが表記されています。

登録方法は、各ランキングサイトの『Ping送信先URL』を『更新情報サービス』入力欄に入力するだけです。

⑤カスタムコンテンツタイプ

当サイトでは特に必要ではない為、空欄のままとしています。

⑥『変更を保存』をクリックで『投稿設定』完了

 

 

 

 

3つ目の設定『表示設定』

ここでは、TOPページに表示させる記事数やブログのフォロワーへ送るメールのなどを設定を行います。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「表示設定」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress 表示設定1

①1ページに表示する最大投稿数

TOPページに投稿した記事を最大いくつ表示させるかを決めます。
空欄に表示させたい記事数を入力してください。

②RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数

記事を公開した時、RSS登録者に自動的に通知してくれる機能です。
フィードに表示させたい記事数を空欄に入力してください。

③RSS/Atom フィードでの各投稿の表示

『全文を表示』あるいは『抜粋のみを表示』のいずれかを選択してください。

④検索エンジンでの表示

【注意】
チェックボックスにチェックをいれてしまうと、サイト全体に noindex が設定されるため検索エンジンにかからなくなってしまいます。
その為、通常はチェックボックスは空欄とします。

⑤関連記事

投稿した記事に関連する過去記事の表示方法を選択します。
・関連記事と投稿の区別がつきやすいよう「関連」見出しを表示する
・視覚的インパクトがある大きめのレイアウトを使う
必要なものにはチェックボックスにチェックを入れてください。

WordPress 表示設定2

⑥フォロワー設定

ブログのフォロワーへ送るメール内容を作成できます。
当サイトでは、
・ブログがフォローされた際の送信メール
・コメントフォロワー用メール文
共に、デフォルトのまま使用しています。

⑦『変更を保存』をクリックで『投稿設定』完了

 

 

 

 

4つ目の設定『ディスカッション設定』

ここでは、ピンバックやコメントの承認、アバター表示などの設定を行います。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「ディスカッション」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress ディスカッション設定1

①投稿のデフォルト設定

自分が他の人のサイトへリンクしたり、他の人から自分のサイトへリンクを貼られたりした時の通知を設定できます。

この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

チェックボックスにチェックを入れると、自分が他の人のサイトへリンクを貼った時に、相手サイトに通知メールを行くようにする。
相手が承認すると相互リンクとなります。

新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける

チェックボックスにチェックを入れると、相手サイトからリンクを貼られた時に、自分に通知メールが届くようにする。
自分が承認すると相互リンクとなります。

新しい投稿へのコメントを許可する

質問や感想などコメントの投稿ができるかどうかを設定します。
当サイトは、「コメントを許可する」に設定しています。

②他のコメント設定

コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする

いたずらや意味のない誹謗中傷コメントを防ぐために、『コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする 』にしておきましょう。
チェックボックスにチェックを入れてください。
インターネットの世界も礼儀が必要だと思います。
コメントをする側も、名を名乗り、また連絡先(メールアドレス)を通知するの事が必要だと考えます。

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

コメントを承認する・しないは別として、「名前とメールアドレス」の通知をして投稿されたコメントを受取るため、ユーザー登録を行っていない方の投稿も受けられるようチェックボックス欄は空白とします。

14日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

デフォルトのままで特に問題はないため、チェックボックス欄は空白とします。

コメントを 5階層までのスレッド (入れ子) 形式にする

デフォルトのままで特に問題はないため、チェックボックス欄は空白とします。

1ページあたり5件のコメントを含む複数ページに分割し、最後のページをデフォルトで表示する

デフォルトのままで特に問題はないため、チェックボックス欄は空白とします。

新しいコメントを各ページのトップに表示する

デフォルトのままで特に問題はないため、チェックボックス欄は空白とします。

③自分宛のメール通知

チェックボックスにチェックを入れていれば、コメントが投稿された時に通知が届くようになります。
・コメントが投稿されたとき
・コメントがモデレーションのために保留されたとき
共に、チェックボックスにチェックを入れてください。

④コメント表示条件

コメントの手動承認を必須にする

スパムコメントも多くあるため、自動承認にしていると妙なコメントがサイトに表示されてしまいます。
防ぐためには、チェックボックス欄は空白のままとして、手動承認とします。

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

この内容で特に問題がなければ、チェックボックスにチェックを入れてください。

WordPress ディスカッション設定2

⑤コメントモデレーション、⑥コメントブラックリスト

必要な場合は、プラグイン(Akismet)で設定したいと思いますので、ここでは特に設定は行いません。

WordPress ディスカッション設定3

⑦アバター

アバターの表示

チェックボックスにチェックを入れてください。

Gravatar ホバーカード

「Gravatar をマウスオーバーしたときにプロフィールを表示」の
チェックボックスにチェックを入れてください。

【Gravatar ホバーカード】を使用するには、
https://ja.gravatar.com/ へアクセスし、登録を行う必要があります。
登録方法は、
・「Gravatar を作成」をクリック。
・Akismet の設定時に、WordPress.comのアカウントを作成した方は、
 「I already have a WordPress.com account ! 」をクリックしてログイン。

 アカウントがまだない場合は、
 メールアドレス、任意のユーザー名、パスワードを順に入力し、
 「Sign up」をクリック。
 メールが送られてくるので、「Activate Account 」をクリック。
 次に「Sing in to Gravatar」をクリック。
 これでGravatarのアカウントが作成されました。

 次に、アバター画像をアップロードします。
・Manage Gravatars画面の
 「Add one by clicking here !」をクリック。
・Choose where you'd like to get the image from画面の
 「My computer's hard drive」をクリック。
・Select a file from your computer画面の
 「選択」をクリックしアバターに設定したい画像を選んで「Next」をクリック。
・crop your photo using the dotted box below画面で画像のトリミング範囲を決定し
 「Crop and Finish !」をクリック。
・Choose a rating for your Gravatar画面の
 左端の『G』を選択すれば、アバター画像の設定が終了。

評価による制限

「G — あらゆる人に適切」のチェックボックスにチェックを入れてください。

デフォルトアバター

「Gravatar ロゴ」のチェックボックスにチェックを入れてください。

⑧Local Avatars Only、⑨Local Upload Permissions

デフォルトのままで特に問題はないため、チェックボックス欄は空白とします。

⑩Jetpack 購読設定

読者による投稿・コメントの購読を可能にするかどうかを設定します。
・ブログをフォロー
・コメントをフォロー
共に、チェックボックスにチェックを入れてください。

⑪『変更を保存』をクリックで『ディスカッション設定』完了

 

 

 

 

5つ目の設定『メディア設定』

ここでは、画像に関する設定を行います。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「メディア」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress メディア設定1

①画像サイズ

サムネイル・中サイズ・大サイズの画像サイズを設定していきます。
ここで設定したサイズは、メディア(画像)を挿入する際に選べるようになります。
・サムネイル:当サイトは、 150 × 150
・中サイズ :当サイトは、 480 × 360
・大サイズ :当サイトは、1060 × 795
に設定しています。

②ファイルアップロード

「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の、チェックボックスにチェックを入れます。

③画像ギャラリーカルーセル

当サイトは、
・背景色  :『黒』
・メタデータ:「写真のメタ情報 (Exif) がある場合はカルーセル内に表示する。」の
       チェックボックスにチェックを入れています。

④『変更を保存』をクリックで『メディア設定』完了

 

 

 

 

6つ目の設定『パーマリンク設定』

ここでは、各記事毎のURLの表示方法に関する設定を行います。
記事作成時に自動で生成されるURLでは、SEO上あまりよくないようなので、記事内容に合わせたURLを作ることができます。

手順は次の通りです。

左メニューにある「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。
すると下の画像が表示されますので、上から順に行っていきます。

WordPress パーマリンク設定1

①共通設定

項目には「基本」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」とありますが、ここでは『カスタム構造』の、チェックボックスにチェックを入れます。
次に、表示されているURL http://daily-question.xyz     の空白部に、『/%postname%』と入力します。
こうすることで、記事の編集画面で、オリジナルのパーマリンクが設定できるようになります。

②オプション

カテゴリー・タグの URL 構造をカスタマイズすることができます。
当サイトは、空白のままにしています。

③『変更を保存』をクリックで『パーマリンク設定』完了

これで、WordPress 基本的な6つの設定『一般・投稿・表示・ディスカッション・メディア・パーマリンク』設定が完了しました。
次項は、WordPress 『ヘッダー画像』の設定方法(画像付きで解説) STINGER7編をご紹介させて頂きます。

WordPress初心者がブログ作成から、Google AdSense、Affiliateの設定を行った手順”TOPページはこちら

 

 

 

 

ブログランキング参加中!
バナーを「ポチッと」お願いします。

 - WordPress , , , , , , , , , , , ,